指ネコ「またたび」ソロ活連載【6】まねき猫であふれかえったお寺で癒される

TABIZINE / 2016年8月23日 12時0分

tabizine.jp

どうも、世界を旅する指ネコ「またたび」です。ソロ活大好き、趣味は居心地のいい場所を見つけること。

忙しい毎日が続いた時、いつもと違う気分になりたい時、ぼくは静かなお寺や神社に行くのが好きなんだ。今日はぼくお気に入りのちょっとユニークなお寺を紹介するね。

指ネコ「またたび」ソロ活連載【6】まねき猫であふれかえったお寺で癒される

世田谷区にある「豪徳寺」。東京には有名なお寺や神社がいっぱいあるけど、とにかくぼくは人ごみが苦手。ここは住宅街にあるからほっとできる雰囲気がいいんだよ。

指ネコ「またたび」ソロ活連載【6】まねき猫であふれかえったお寺で癒される

このお寺がユニークなのは、祀られている動物。本堂の左手に突然現れるのは・・・。

指ネコ「またたび」ソロ活連載【6】まねき猫であふれかえったお寺で癒される

猫、猫、猫! 地面から飾り棚までびっしりまねき猫だらけ! 数えられなかったけれど、噂では1000体以上とか。

豪徳寺には桜田門外の変で暗殺された井伊直弼のお墓があって、井伊家の菩提寺でもあるんだよ。直弼より何代も前の井伊直孝が、豪徳寺の猫の手招きによって雷雨を免れたという言い伝えから、まねき猫が縁起物として祀られているんだって。

実はこのまねき猫たちは全部参拝者が奉納したもの。まねき猫に願いを込めた人々が、願いが叶った後にこの豪徳寺へ奉納するらしいよ。それにしてもこれだけたくさんの猫を見ていると、かなり不思議な気持ちになってくる(汗)。

指ネコ「またたび」ソロ活連載【6】まねき猫であふれかえったお寺で癒される

絵馬にももちろん猫が描かれているよ。最近は海外からの観光客の間でも人気なのか、いろんな国の言葉でお願いごとが書かれていた。あふれかえるほどのまねき猫に会いたい時、静かなお寺でほっとしたい時にオススメの場所だよ。


指ネコ「またたび」ソロ活連載は、今回が最終回になります。ご愛読、ありがとうございました!

■あわせて読みたい 指ネコ「またたび」ソロ活連載
【1】おしゃべり禁止のカフェに行ってみた
【2】たまに行きたくなる昭和な純喫茶
【3】お酒を飲みながら読書できる隠れ家
【4】小説に登場するメニューが味わえるカフェ

TABIZINE ~人生に旅心を~

トピックスRSS

ランキング