キスマイ玉森「ズルかわいい」珍行動が大好評!

日刊大衆 / 2017年3月15日 6時5分

キスマイ玉森「ズルかわいい」珍行動が大好評!

 3月7日に放送されたバラエティ番組『キスマイレージ』(テレビ朝日系)で、Kis-My-Ft2の玉森裕太(26)が取った“ズルい”行動が、ファンの間で「かわいい」と評判になっているようだ。

 この日の放送では、遊園地を舞台にして、ドローンのカメラに3秒間映ったらアウトとなる「ドローンかくれんぼ」が行われた。今回は玉森、北山宏光(31)、藤ヶ谷太輔(29)、そしてゲスト出演したプロボクサーの長谷川穂積(36)による“長谷川チーム”と、宮田俊哉(28)、二階堂高嗣(26)、横尾渉(30)、千賀健永(25)による“舞祭組チーム”が対決。この中で、玉森は敵チームに「ズルい手」を使用。お化け屋敷に隠れた宮田の元へ行き、場所を奪うように宮田を陰から押し出してドローンカメラの餌食に。さらに同じ手口で二階堂の隠れ場所を奪い、「おまえ、ふざけんな~」と言われつつも相手チームのメンバーをアウトにすることに成功した。

 隠れ場所を無理やり奪ってしまうという、なりふりかまわない玉森の姿にファンは大ウケ。放送中からSNSには「必死さがにじみ出ててキュンキュン!」「玉森が一生懸命でかわいい!」「たまちゃんせこすぎて笑った~」「今回のかくれんぼで玉森の暴走がかわいすぎて、誰も怒らないという結果が出ました」「玉ちゃん笑わせてくれるわ」といったコメントが相次いだ。

「玉森は、何をやっても許されてしまう“天然キャラ”なんです。2012年に『いきなり! 黄金伝説。』(テレビ朝日系)で『1カ月1万円節約バトル』に挑んだ際には、薄力粉を“うすりょく”“うすちから”と読んだり、同じ種類の卵を2つ持ってスーパーの店員に“どっちがおいしいですか?”と大まじめに質問したりする場面がありました。また“玉ねぎ詰め放題”に挑戦したとき、詰め放題を“全部タダ”だと勘違いして、結果大量購入するハメにもなっていましたね」(アイドル誌ライター)

 天然で一生懸命。ズルい行動でもまったく悪意を感じないのが玉森裕太のスゴさだろう。



ブリュレ

日刊大衆

トピックスRSS

ランキング