野村周平も!? 芸能人「衝撃のおもらし」エピソード

日刊大衆 / 2017年7月18日 6時5分

野村周平も!? 芸能人「衝撃のおもらし」エピソード

 6月9日、俳優の野村周平(23)が自身のツイッターで最近“おもらし”したことを告白し、話題となった。

 この日、野村は出演映画『22年目の告白-私が殺人犯です-』について触れ、「衝撃作品になってますので楽しみに待っていてください」とツイート。そして映画のタイトルにちなんで「僕の23年目の告白は、小学生の頃トイレの前で漏れてしまって、その日はノーパンで授業受けてました」と語り、さらに続けて「最近も漏れました」と告白した。これが大反響を呼び、このツイートには「いいね」が1万9000件以上もつけられた。

 現在、映画やドラマで大活躍中のイケメン俳優による“おもらし”告白はかなり衝撃的だが、実は他にもテレビ番組などで“おもらし”を明らかにした有名人がいる。

 NHKの有働由美子アナウンサー(48)は、同局の情報番組『あさイチ』で、デート中におもらししたエピソードを告白。デートでゴルフの打ちっぱなしに行ったという有働アナ。その日はお腹の調子が悪かったといい、なんとか打ち終わって、トイレに駆け込んだ瞬間に“粗相”をしてしまったそうだ。あまりにも衝撃的なぶっちゃけトークに、視聴者は騒然となった。

 モデルでタレントのマギー(25)は、バラエティ番組で“おもらし未遂”の失敗談を披露した。デビューしたばかりの頃、収録中に激しい尿意に襲われたとマギーは、我慢して汗まで出始めたが、誰にも言えなかったという。そしてついに我慢の限界を迎え、収録中にもかかわらずスタジオを飛び出してしまったのだとか。

 女優の工藤夕貴(46)は、主演ドラマの会見で、トイレに向かう途中に負傷したことを告白。山での撮影後、トイレに行きたくて急いで下山している途中で転倒。滑落して右足首を捻挫してしまったという。工藤いわく「パンツを濡らすか、山を下りるか」の二択だったそうで、結局トイレに間に合ったのかは不明だ。

 芸能人がおもらしの話を人前でするのは異例のこと。しかし、そんな恥ずかしい体験を自ら明かしたことで、視聴者は意外と親しみを感じたかもしれない。



日刊大衆

トピックスRSS

ランキング