指原莉乃「バレないようにする」アイドルの恋愛を語る

日刊大衆 / 2017年9月9日 9時5分

指原莉乃「バレないようにする」アイドルの恋愛を語る

 9月2日放送の『新倫理バラエティー! 太田光の正義か悪か!?』(日本テレビ系)にアイドルグループHKT48の指原莉乃(24)がサブMCとして出演。アイドルの恋愛について持論を披露し、爆笑問題の太田光(52)らを驚かせる場面が見られた。

 この番組は、世の中の賛否あるニュースや出来事を「正義か悪か」という見地から討論するバラエティ番組。6人の論客委員が自分の思う“正義か悪かのベスト3”を発表し、10代から60代の観客に正義か悪か投票してもらうというもの。

 2人目の委員として登場したお笑いタレントのカンニング竹山(46)は、「アイドルの恋愛を許さないファンは悪」だと主張。竹山は元NMB48の須藤凜々花(20)が、今年6月のAKB総選挙のスピーチで結婚宣言したことに、ファンが怒りの声を上げたことに対し、アイドル業がビジネスと理解したうえで応援すべきだと訴えた。

 これに対し、指原は「自分たちが投票した子が、急に“結婚するんでやめます”って言われたら、ムカつきませんか?」と反論。さらに「(アイドルが)人を好きになることはあるけれど、ファンの方からお金をいただいてステージに出ている以上、バレないようにするのが当然だと思ってる」と発言するとスタジオは騒然。

 竹山は「それでいいと思うよ」と同意しつつ、「AKBは恋愛はダメってなっていても、守ってる子もいるんだろうけど、守らなくてもいいんじゃないか」「(恋愛禁止を)守ってくれていると、ファンは勝手に信じて。それで成り立つショービジネスでいいと思う」と独自のアイドル論を展開した。

 一方、アイドルの恋愛に否定的な指原は、丸刈り姿で恋愛スキャンダルを謝罪したAKB48の峯岸みなみ(24)について意見を求められると、「当時、恋愛スキャンダルを起こしちゃった人は、私なら博多に移籍するとか、それぞれペナルティ的なことがあって。彼女(峯岸)が自分自身で“何かしなきゃ”と思って、やってしまった」とコメント。さらに峯岸の謝罪行為は肯定していないとし、「本人の意志なのでしょうがない。あれ(丸刈り)が運営の意志だったら大反対。知っていたら止めていた」と語っていた。

「MCの太田は番組中、AKBグループのプロデューサーの秋元康(59)から、“恋愛禁止は言ったことがない”と聞いたと証言していました。恋愛禁止というのは厳密なルールではないようなので、メンバーたちは分からないように恋愛しているのかもしれません」(芸能誌記者)――アイドルだって恋して当然!



日刊大衆

トピックスRSS

ランキング