桐谷美玲から女子アナまで…芸能美女「旬の恋愛ネタ」大放出!

日刊大衆 / 2018年6月14日 0時30分

 テレビの中では涼しげな顔をしていても、中を覗けば沸騰中。取れたてホヤホヤの旬ネタを乱れ撃ち報告!

 日本列島に梅雨前線が進出するこの季節。「今年の芸能界は近年稀に見る結婚ラッシュになりそう。大物カップルが次々にゴールインしそうな気配なんです」(芸能記者)

 まずは本誌が最初に「結婚」を報じた桐谷美玲(28)と三浦翔平のカップルから。2人はモデル時代から顔見知りだったが、16年に連ドラ『好きな人がいること』(フジテレビ系)で共演したのをきっかけに急接近。本誌が、今年4月9日発売号に“電撃婚話”を書いたのを皮切りに、次々と“近々結婚”報道が相次いだのだ。「5月16日には各朝刊スポーツ紙が結婚報道。双方の事務所のコメントは二転三転したものの、結論から言うと結婚にゴーサインが出たようです。桐谷は以前から“30歳までにはしたい”と公言しているように、結婚願望が強い。一方、三浦も6月で30歳。当人同士の意思が固く、結婚やむなしと両事務所も判断したみたいですね」(芸能記者)

 芸能評論家の三杉武氏は次のように言う。「桐谷は同じ事務所の堀北真希の引退や、黒木メイサの産休中にフル回転してきましたからね。功労者の彼女に“結婚したい”と強く言われれば認めざるをえないのでしょう。へそを曲げられて引退でもされたら元も子もないですからね」

 そんな中、本誌には再び有力情報が舞い込んできた。2人がゴールインする“Xデー”に関する内容だ。「三浦が出演中の連ドラ『正義のセ』(日本テレビ系)の最終回の放送が終わった後、結婚の電撃発表があるそうです。ドラマの最終回は6月13日。その翌日が大安……ズバリ、入籍のXデーは、6.14でしょう!」(女性誌記者) はたして!?

 同様に「6・22入籍」が報じられたのが倉科カナ(30)と竹野内豊のカップル。熱愛が報じられて4年。その間、何度か破局を繰り返した2人だが、今度こそ結婚しそうだとか。「ああ見えて竹野内は優柔不断な男。倉科との結婚もなかなか前に進めなかったそうです。実際、飲み屋で“別れちゃってさぁ”とクダを巻いていたことも。それでも元さやに戻ったのは結局、倉科が忘れられないからだともっぱらです」(夕刊紙記者) さもありなん!?

 鈴木京香(50)と長谷川博己もついに結婚の決意を固めたとされる。10年放送のNHKドラマ『セカンドバージン』で共演し、恋仲になった2人は、“事実婚”状態を続けてきたが、「報じた『女性自身』によると、5月31日で鈴木が50歳になったこともあり、長谷川が“けじめ婚”を決意したというんです」(前出の芸能記者)

日刊大衆

トピックスRSS

ランキング