コロチキ・ナダル、ゆりやんにケチぶり暴露され激怒!? 「こういうとこで言うな!」

日刊大衆 / 2018年6月15日 1時30分

 6月9日放送の『さんまのお笑い向上委員会』(フジテレビ系)に、コロコロチキチキペッパーズのナダル(33)が出演し、MCの明石家さんま(62)を前に、ミキの亜生(29)やゆりやんレトリィバァ(27)と激しく言い争う場面があった。

 この日は、ミキの二人が“ゲスト向上芸人”として登場すると、ナダルから「ミキよ! 明石家さんまにビビりすぎ!」というクレームがついた。ここからのトークで、ミキの昴生(32)が「ナダルは僕より亜生をめちゃめちゃかわいがって。(亜生はナダルの)一番弟子ですから」とナダル軍団の存在を明かすと、さんまは「ナダル軍団なんてあるのか!?」と驚きの声を上げた。

 ナダルの説明によると、亜生とゆりやんは、もともとナダル軍団の初期メンバーだったのだが、言うことをあまりに聞かないため除名してしまったという。それに対し、ゆりやんや亜生は「私たちはいたかったのに、ナダルさんが勝手に名前を除名したんです」「僕らはナダル軍団でやっていこうという(思いだった)」と不満を漏らした。

 そんな亜生は今でもナダルのことを一番に考えているそうで、自身の出演する釣り番組に、ナダルを指名してバーター出演させたと告白。これに対し、ナダルが「おまえ、そんなの言わんといてくれよ!」と憤る中、ゆりやんも「打ち上げ代を私のほうが5000円多く払った」と明かすと、ナダルは「おまえさ、こういうとこで言うなって!」と激しく動揺した。

 そのやり取りを聞いていた雨上がり決死隊の宮迫博之(48)が「事実なんか?」と確認すると、ナダルは「5000円も多かったか? お前、4(000円)やろ?」とゆりやんに逆ギレ。雨上がり決死隊の蛍原徹(50)から「一緒やん! そんなの、4も5も」とツッコまれ、スタジオの笑いを誘っていた。

「ナダルが理不尽な行動を暴露されて逆ギレするというのは、おなじみのネタになっていますね。普通は行動を改めるところでしょうが、新しいネタを生み出し続けているのがすごいですね。本当の意味での天然系芸人だと思います」(お笑いライター)――ツッコミどころが多すぎ!

日刊大衆

トピックスRSS

ランキング