巨人・原辰徳監督「超金満補強」に隠された“秘策”

日刊大衆 / 2019年1月11日 17時15分

画像はイメージです

 プロ野球のキャンプインまで、あと半月あまり。ストーブリーグの主役となった巨人に、大きな注目が集まるのは間違いないだろう。

 巨人は昨季3位に終わり、高橋由伸前監督(43)が解任。指揮官には、これが三度目の登板となる原辰徳新監督(60)が就任した。

「巨人軍創設以来、5年間優勝を逃したことは一度たりともありません。現在4年連続V逸中で、もう後がなくなった球団は、スキャンダルでクビを切った原監督を復帰させた。まさに“最後の砦”なんです」(スポーツ紙デスク)

 原監督は、これまで12シーズン指揮を執り、二度の3連覇を含むリーグ優勝7回で日本一3回。まさに球界きっての名将だ。2007年には、今年同様、5年連続V逸の危機を迎えていたチームを、見事優勝に導いた経験もある。

 そんな原監督の就任を、ずいぶん早い段階から推薦していた人物がいたという。ミスタージャイアンツ・長嶋茂雄巨人軍終身名誉監督(82)、その人だ。

 長嶋氏といえば、昨年夏に胆石を患い、今も闘病中の身。しかし昨年7月の入院の前に、次期監督候補として、すでに原監督の名前を挙げていたというのだ。

「ミスターは、昨年6月の段階で、優勝はムリと判断。“今の巨人を再建できるのは、原をおいて他にない”と、関係者に語っていたそうです」(球界事情通)

 また長嶋氏は、由伸前監督の健闘を認めながらも、戦力的な“大改革”の必要性を口にしていたという。

「今の戦力では誰がやっても結果は同じ。原さんなら、そんなチームに大ナタが振るえるはず。ミスターは、そう感じていたようです」(前同)

 長嶋第二次政権下の1998年、原監督は1軍野手総合コーチ(後にヘッド昇格)として入閣。そこから、長嶋氏に巨人の帝王学を徹底的に叩き込まれた。巨人の代名詞とも言える大型補強も、長嶋氏の常勝哲学から伝授されたものだ。

「ミスターは“金満野球”だとか“なんでも欲しがる”とか批判されても、まったく意に介さなかった。それは“巨人は常勝であるべき”という強い信念があったから。原監督は、その教えの忠実な信奉者とも言えます」(巨人番記者)

 実際、三度目の就任となった今回も、原監督は大規模な戦力補強を敢行。それは、球界を揺るがすほどのインパクトがあった。

「FAで丸佳浩と炭谷銀仁朗。さらには自由契約の中島宏之と岩隈久志も獲得し、新外国人も合わせると、費用はざっと40億円超。巨人でも過去にないほどの大補強でした」(前同)

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日刊大衆

トピックスRSS

ランキング