ヒトリエ・wowakaさん死去 悲痛の声続々「震えが止まりません」

日刊大衆 / 2019年4月8日 15時11分

※画像はロックバンド「ヒトリエ」の公式サイトより/wowakaさん(左から2番目)

 4月8日、ロックバンド「ヒトリエ」の公式サイトが更新。リーダーのwowakaさんが5日、急性心不全のため亡くなったことを発表した。

 この日、公式サイトに「ヒトリエからのお知らせ」というタイトルでニュースが追加され、「ヒトリエのボーカル・ギターのwowakaは、4月5日に急性心不全のため、永眠致しました」「享年31歳でした」と、wowakaさんの訃報を告げた。

 また、現在発表されていたヒトリエの全国ツアーの中止も発表され、ファンに謝罪。続けて「突然の悲報に接し、メンバー・スタッフ一同、現実を受け止められない状況です」「バンドの今後の活動については現在未定ですが、イガラシ、シノダ、ゆーまおの各メンバーは、これからも音楽活動を続けてまいります」と、つづられていた。

 同バンドのメンバーも、突然リーダーを失ったことに動揺が隠せない様子。ベースのイガラシは「どれだけ虚勢を張ったって、正直まだ、何も手につきません。腹は減らないし、うまく眠れもしません。wowakaと出会ってからのことをしっかり思い返すことも出来ません。涙は止まりません」「もう4人での演奏を見せられないこと、本当にごめんなさい」と、現在の心境を率直にコメントしていた。

 wowakaさんの訃報は、SNSでも大きな話題を呼んでいる。ツイッターには「いまだ受け止められず、言葉が見つかりません」「今知って、涙が止まりません」「信じたくないです」「知った瞬間、ショックで固まりました。今は震えが止まりません」「ファン失格とは分かっているのですが、帰ってきてほしいとワガママを言わずにはいられません」といった、悲しみの声が多数上がっていた。

 ヒトリエとして活躍する前から、「ニコニコ動画」でボーカロイドを活用した音楽活動を行っていたwowakaさん。そのため若者の間での知名度は高く、今回の悲報に多くの人々がショックを受けている。

※画像はロックバンド「ヒトリエ」の公式サイトより

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング