お盆開催は大盛況! 1号艇と2号艇で舟券続々GET

日刊大衆 / 2019年8月20日 6時30分

 今年も、恒例のお盆開催は大盛況。大人気のスターレーサーも地元に戻り、さすがの激走ぶりを披露してくれたが、毒島誠選手(ボートレース桐生)や赤岩善生選手(ボートレース常滑)、篠崎元志選手(ボートレース芦屋)などの豪傑が優勝を飾った。

 数々の唸るような名勝負がくり広げられ、配当の面では1516倍(14日浜名湖第11R)、1140.1倍(15日浜名湖第4R)、1623倍(16日福岡第1R)、2013倍(18日丸亀第12R)など、毎日のように凄まじい万舟券も乱れ飛んだのである。

■ボートレースは1号艇と2号艇が重要

 私の舟券作戦としては、1号艇と2号艇の重要性を再認識させられるお盆レースとなった。

 まずは、ボートレースで最も決まりやすい出目「123」。15日浜名湖第10R5.9倍(菊地孝平選手1着、河合佑樹選手2着、服部幸男選手3着)や17日津第7R8.3倍(石塚裕介選手1着、井口佳典選手2着、佐藤旭選手3着)、18日若松第8R4.5倍(中田達也選手1着、仲谷颯仁選手2着、下河誉史選手3着)をゲット。この3連単123でガツンと勝負する。万舟券もいいが、これもボートレースの大きな魅力の1つだ。

 さらに、1号艇→2号艇でもう少し好配当を狙ってみると、「125」が美味しかった。14日常滑第10R23.1倍(永井源選手1着、天野晶夫選手2着、鈴木勝博選手3着)、16日三国第4R16.8倍(石田政吾選手1着、藤山雅弘選手2着、伊藤紘章選手3着)をいただき、気持ちいい~ッ!

 そして、その裏目2号艇→1号艇にもアンテナを張っておくべきだろう。13日の尼崎第10Rでは、重木輝彦選手が差し切り勝ち、2着に金子龍介選手、3着には加藤翔馬選手が入って上記画像の通り、214=45.7倍というなかなかの配当を的中できたのである。

 連日、舟券が当たって楽しいお盆開催だった。どうもありがとうございます!

 今回の的中券を振り返ってポイントとなるのは、2号艇がA1級の強豪だったこと。これを頭に入れつつ、今後もうまく舟券作戦を敢行していきたい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング