エネルギー問題をもっと考えて!ゲームを通じて学べるEneShiftをボランティアが開発中 #apphaku【湯川】

TECH WAVE / 2012年2月15日 20時30分


[読了時間:2分]



visual_main



 震災以降エネルギー問題が盛んに議論されているんだけど、僕自身専門家でもないし、何が正しいのかちょっと自分では判断つかない。そういう人も多いのではないかと思うんだけど、そのエネルギー問題についてロールプレイングゲームの感覚で学べるゲームの開発が進んでいる。開発しているのは、株式会社ダイスクリエイティブの小関昭彦さんを始めとする約20人のボランティア。



 「EneShift」というタイトルで、主人公の新聞記者が約10人の識者にインタビューしていくというゲーム。識者はすべて実在の人物で、これまでに慶応大学教授の金子勝さん、歌手の加藤登紀子さん、衆議院議員の河野太郎さんなど、ボランティアスタッフが実際にインタビューして得た発言をゲームの中に埋め込んでいくという。



 小関さんは「エネルギーって生活の根本。そのことを今まで当たり前に考えていた。311があって気にしないとまずいなと思った。とはいえ対立構造からは何も生まれない。まずはフェアな気持ちでいろいろな立場の方の意見を聞いたもらいたいと思った。その上でエネルギー問題を当事者として考えていくきっかけにしてほしい」と語っている。 サービスリリースは春頃を目指しているという。



 詳しくはウェブサイトをご覧下さい。 http://eneshift-game.jp/








元GROUPON社員が作った「歩いて社会貢献」出来るiPhoneアプリ"Causewalker"【本田】
「だれもが政府統計データを解析し情報操作をあばく時代に」ビッグデータ解析のインドintellicus社が無料ツール開発中【湯川】
インドに来ています 街の活気にびっくり【湯川】
「Facebookコマースの可能性は計り知れないが米でもまだ様子見」 PowerReviews社 Andy Chen氏【湯川】
エネルギー問題をもっと考えて!ゲームを通じて学べるEneShiftをボランティアが開発中 #apphaku【湯川】

TECH WAVE

トピックスRSS

ランキング