iTunesから生まれた新しいラジオ「Music Beam」「僕のラジオ」、音楽発掘の喜び 再び【増田(@maskin)真樹】

TECH WAVE / 2012年3月10日 11時0分




IMG_0016



 iTunes Music Storeでは楽曲購入前に数十秒間をプレビューできるようになっているが、最近、そのプレビュー部分を連続で再生することができるアプリが注目されている。ひとつはランキングヒットチャートのように人気曲を集め連続再生できる無料のアプリ「Music Beam」。もう一つ3月9日にリリースされた「僕のラジオ」。こちらは170円の有料アプリ(3/31まで半額キャンペーン中)だが、Storeの楽曲全体を検索して好きなアーティストなど特定の曲だけに絞り込み再生できる高機能さが売りだ。

音楽専門番組のような感覚




 「自分で好きな曲をプレビュー再生できるのに、なぜわざわざこのアプリで聴く必要があるの?」と疑問を感じる人もいるかもしれないが、このいわば「プレビューラジオ」の魅力はラジオの様にかけっぱなしで聴けるという点にある。たった数十秒ではあるが、楽曲の雰囲気をつかむのにはほぼ十分。ラジオのように聴き流すのには最適だし、「これもっと聴きたい!」と思ったらそのまま直接Storeで購入することができる。これが利用者にフィットしているようで、MusicBeamは無料アプリのランキング上位に常にいるし、僕のラジオも人気が出るのは時間の問題だろう。



 「ラジオやテレビで、この曲いいね!」と思っても購入に繋がらないストレスを感じたことがある人は多いと思う。その問題を完璧に解決した音楽専門番組と考えてみれば十分な価値がある。プレビューコンテンツをメインにするという逆転の発想が市場に受け入れ始めていることを見ると、発掘できる価値はまだまだ意外な場所に残っているのかもしれない。



 iTunes Music Storeに代表されるデジタルミュージックマーケットはiPodやiPhone、その他のデバイスによって拡大の一途を辿っているのは言うまでもないが、音楽との出会いの場がそれほど豊になってきたとも思えない面もある。かつてのCD/レコードショップで音楽を購入していた時代のように、ジャケットやそれぞれのお店の個性でフィルタリングされたコンテンツを手にすることができないし、TVやラジオによる音楽専門番組も数が少なくなっている。



プレビュー連続再生による番組化



IMG_0017

 プレビューラジオの興味深い点は、例えばMusic Beamのように、多用な切り口でヒットチャートを選出している点。ジェネリックなランキングひとつだけ、ではなく自分の好みのジャンルを連続再生するというニーズはあるだろう。海外用、アニメ用アプリも別途リリースされていたりする。



IMG_0013

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
TECH WAVE

トピックスRSS

ランキング