重ね録りで世界中の人と歌える音楽コラボアプリ「nana」【本田】

TECH WAVE / 2012年8月21日 11時0分


[読了時間:1分 動画:2.42分]


nana 2012年8月21日、音楽コラボレーションアプリ「nana」がリリースされた。「nana」は、世界中の人達と歌えるアプリとして、iPhoneのマイクを使って録音した歌声や演奏した音楽をアップロードし、エフェクトを掛けたり、世界中の人たちと共有したり出来る。



 アップした楽曲は、アプリのタイムライン上に表示される。タップすると、演奏が再生され、拍手やコメントが出来るが、メインは重ね録り機能。「nana」で音楽を再生しながら、同時に自分の声や音を重ねることで、世界中の人と合唱やセッションのようなコラボレーションが可能になる。 文字で書くよりも、株式会社nana music代表の文原明臣氏によるデモ(本人の美唱あり)が、より伝わるはず。



撮影協力:NOMAD NEW'S BASE




 同様のサービスとしては、「Webでバンドを組む」を謳う「MYTRACKs」やYouTubeの映像を元にコラボする「mashroom」が挙げられる。同氏によると、これらはどちらかと言えばミュージシャン向けであるのに対し、「nana」は誰もが音楽に参加して楽しめるプラットフォームを目指すという。


【参考】SXSW2012、日本のスタートアップによる音楽系サービス5選【本田】

http://techwave.jp/archives/51734758.html



 今回は日本で先行リリースだが、2ヶ月後には英語対応及び世界中のAppStoreへの正式公開を予定している。そもそもターゲットは最初からグローバルだ。日本よりも音楽が街に根付き、表現する事に臆さない欧米はもちろん、Bubblyに代表される声の共有サービスが盛んな東南アジア。日本では、カヤックの「こえ部」やニコ動の「歌ってみた」の人気が示すように、対象となるユーザーは多い。



 ビジネスモデルとしては、カラオケ音源やエフェクトでの課金、レコーディング分数の無制限化(現在60秒間)による有料化、および、人でなくルーム(特定のミュージシャン)をフォローすることによるファンの顕在化・コミュニティ化による収益モデルを考えているとのこと。




蛇足:私が思うに、
 ようやくのリリース! その間いくつものピッチイベントで注目を浴びていただけに、nanaの名前は知っている人も多いと思います。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
TECH WAVE

トピックスRSS

ランキング