日本版 「Kindle(キンドル)」販売開始、出荷は11/19から順次 【増田 @maskin】

TECH WAVE / 2012年10月24日 17時0分





screenshot_363

 いよいよこの日がやってきた。



 Amazonは2012年10月24日、電子書籍リーダー「Kindle(キンドル)」の日本市場向け端末の販売を開始した。



 電子ペーパーを搭載した「Kindle Paperwhite」が8480円、無料で3G回線に接続できる「Kindle Paperwhite 3G 」が12980円。



 IPS液晶を搭載したモデルとしては「Kindle Fire」 が12800円、「Kindle Fire HD」が16GBモデルで15800円、32GBモデルで19800円といずれも手頃な価格帯。いずれのモデルもWi-Fi機能が内蔵されている。

無料で3G通信できるKindle、Kindle Fire HDも国内投入




 端末の出荷は「Kindle Paperwhite」モデル2012年11月19日から。先行して10月25日に「Amazon.co.jp: Kindleストア」がオープンする。書籍数は日本語のもので5万冊、世界の書籍は140万冊。競合の楽天koboが「2012年末までに20万冊を目標に掲げ」ているが、ベストセラーなど売れ筋をどう揃えてくるか注目される。



 端末ラインナップで注目すべきは3G通信を無料で使える「Kindle Paperwhite 3G」と「Kindle Fire HD」。



 「Kindle Paperwhite 3G」は購入した書籍を自動でタウンロードしてくれる。もちろん端末上のストアからいつでも購入することも可能だ。同梱されているウェブブラウザで(速度は望めないものの)ネット接続もできる。



 「Kindle Fire HD」は、Android OSベースの端末で、Amazon独自のマーケットプレースが用意されており、日本経済新聞電子版、ファイナルファンタジーIII、パズル&ドラゴンズなどのコンテンツの提供が決まっているほか、2000万曲超の音楽販売サービスにも対応。海外で提供されているビデオコンテンツの発表がないが、いずれ開始されるだろう。このモデルは、Facebookやメール、Skypeなどのアプリも提供され、iPad miniやNexus7など激戦区となるであろう7インチー10インチデバイスの対抗馬としても期待されている。








 AmazonのKindleが海外でスタートしたのは5年前。北米では新刊の販売で電子書籍が上まわるなどの一大市場に成長しているが日本は周回遅れの状態で、Amazon.co.jp内部からは数年前から「準備している」という声が聞こえてくるもののなかなか動きが見えなかった。


  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
TECH WAVE

トピックスRSS

ランキング