売上世界3位の携帯事業者へ、ソフトバンク孫正義社長 スプリント巨額買収成功に「自信があります」 【増田 @maskin】

TECH WAVE / 2012年10月15日 18時30分





softbank_sprint

 ソフトバンクが、米携帯3位のスプリント・ネクステルを200億ドルで買収合意した件についての記者発表を行った。登壇したのはソフトバンク 代表取締役社長の孫正義氏とスプリント・ネクステル CEOのDan Hesse氏。



 冒頭で、孫社長は16歳で単身アメリカに渡った時のエピソードを語った上で「何もしないことは安全かもしれません。挑戦をする時は様々なリスクが生じる」と買収の難しさを踏まえながら「再びアメリカに挑戦することができることを嬉しく思う」と述べた。

世界トップに匹敵する通信事業会社へ




 スプリントは米国携帯3位で5600万の契約者を抱え、16%のシェアを持っている状態。「ちょうどボーダフォンを買収した時のソフトバンクと同じポジション。当時 “10年以内にNo1シェア” と言って笑われましたが、6年が経過した今、この買収によりグループ総契約者数は9600万となり、日米の市場を見ても、全米トップのAT&T、ベライゾンに匹敵するユーザー規模となり、売上でも世界3位となるに至りました」と孫社長は説明する。



screenshot_298



screenshot_338




スプリントにとっての買収



 なぜ競争の激しい米国市場に挑戦するのか、なぜスプリントなのか、多くの人が感じる疑問に対し孫社長は「まずアメリカ市場についてですが、日本を遥かにしのぐ巨大な市場で、スマートフォンの稼動台数は3.5億台と世界トップ。ARPU(1ユーザーあたりの売上高)についても、日本と同レベルで世界トップとスマートフォン戦略の最先進国にある」と説明する。



screenshot_307

screenshot_309



 そんな中でスプリントは、以下のようにベライゾンとAT&Tの2社寡占状態の中、ポストペイド(後払い)で全米3位、通信収入成長率およびARPU成長率では全米1位と急速に業績を回復している。



screenshot_313


screenshot_319



 以下はスプリント社が計画する業績回復プランだが、まさに2008年からの計画が順調に推移している状態で、次なる「2.投資」のフェーズにソフトバンクからのオファーがあったという話となる。



screenshot_314



 ではなぜソフトバンクなのか、その理由は、日本国内におけるスマートフォン販売を牽引してきた点と、もう一つこれまでの買収劇にあるという。



買収とV字回復



screenshot_328



 孫社長が「赤字三兄弟」と揶揄する三社は、いずれも低迷後にソフトバンクが買収し、V字回復をしてきた会社だ。特にボーダフォンでは “会社がダメになる” とまで言われるほどの無理な借入をしたが、返済計画を前倒しするほど順調な状態で現在に至っている。



 スプリントCEOのDan氏は「投資フェーズに入った今、ソフトバンクからの投資により競争力が強化され、V字回復を果たしたノウハウを得ることができると考えている」と話しており、度々のV字回復手腕を大きく買われたのが今回の買収と言えそうだ。



 孫社長が今回の買収で強く主張する点は「投資における60%を現金で投資している」ということ。現金を投資することでスプリント社の経営状態健全化が実現する。また、買収資金の調達で、ソフトバンク株主に影響が出ない形を取っていることも詳細に説明した。



screenshot_299

TECH WAVE

トピックスRSS

ランキング