「MOVIDA Demo Day 2nd」 レポート(前編) 【増田 @maskin】 #mjstartup

TECH WAVE / 2012年10月30日 17時0分





movida_demoday

 MOVIDA JAPANは2012年10月30日、ITスタートアップを1000社輩出すべく実施しているプログラム「MOVIDA Seed Acceleration Program」参加スタートアップの中から、選抜された8チームの事業内容をマスコミや投資家等にプレゼンテーションするイベント「MOVIDA Demo Day」を実施した。まず、前編4チームのサマリーをお伝えする。

サービス5分、ビジネス5分でより詳細に説明




 通常のピッチ(投資家向けプレゼン)イベントとの違いは、サービス説明とビジネス説明を分割している点。ビジネス説明は、来場者を4分割し、それぞれのグループ毎に説明およびQ&A対応ができるように配慮している。よって本レポートもサービスとビジネスに分けて記載する。



 「MOVIDA Seed Acceleration Program」 」がフォーカスするのは「Mobility of Life」「Global Distribution」「Social Sharing」「Cloud Accelerated Innovation」「Social Curation」「Life with Smart Robot」「Power of Manabi (co-learning)」という7つの分野となっている。



 なお、このイベントは、具体的な数字等も公にする形で事業を説明するが、出資法を遵守し投資を呼び掛ける形式とならないような配慮がされていた。



「Poposale」



ponsale

サービス

牛乳と入力すると価格を比較する、主婦しか知らない情報を得ることも可能。ありがとうとお知らせ通知、買い得探しが楽しくなる情報共有サービス。ポンポンセール。有益性の高い情報を共有し、主婦のコミュニケーションを活性化することで情報のサイクルを構築する。



ビジネス

マネタイズでは販売店連携。エンタテインメント系のサービスの経験はあるが長続きしないと判断、スーパーに行ってみると主婦の方が商品を吟味して購入している。ヒアリングで「チラシは見ない」「手軽に比較できるのは助かる」という強烈なニーズを感じさせるフィードバックが得られた。サービスは特性地域を絞りピンポイントで出稿できる。売れ筋、関心度、市場動向、消費傾向が詳細に渡り取得できる。オープンPOSシステムとの連携もある。






「ippy」 by mashroom



サービス

「Facebookのフレンドから誕生日プレゼントをもらったことがある人は?」。会場からはパラパラと手があがるものの、それほど多いわけではない。しめたと思ったのがippyの山瀬氏は「それはギフトにはお金がかかるから」と説明し、無料でギフトカードを送付できる「ippy」の優位性を説明する。シチュエーションにあわせたギフトを提供する。



ビジネス

O2Oマーケティングソリューションとして来店1回150円~という商品。買い物が発生するとコミッションフィーが150円発生。クライアント側としては1集客150円円許容範囲で、リスクがない点で評価されている。ギフトカード配布や購入までログを提供。新規顧客獲得手段としてブランドの認知・拡散に寄与する。また、Facebookの人データとバインドして提供する。店舗側のアプリなども提供する。Amazonのギフトでも特定のブランドで使用できるようにする手法を確立。代理点介入モデルなどにも柔軟に対応する。ユーザー増については、Facebook友達を対象にした反応の良さを、スマホのプッシュ通知などと連携しながら活用する考え。4年間で140万ユーザー。26万人が損益分岐点。






  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
TECH WAVE

トピックスRSS

ランキング