クラウドワークスが3億円を調達、地方・女性 個の能力にフォーカスした新しい働き方を支援 【増田 @maskin】

TECH WAVE / 2012年10月31日 14時0分





DSC_0290

 エンジニアやデザイナーが場所などに依存しないで自由な就労形態でネット応募できる“クラウドソーシングサービス”。



 その最注目株である「クラウドワーク」は2012年10月31日、3億円の資金調達を実施したと発表した。写真は、2012年6月 Infinity Venture Summit のプレゼンイベント「Launch Pad」で優勝した際の、代表取締役社長 吉田浩一郎氏。



 資金は「伊藤忠テクノロジーベンチャーズ」、デジタルガレージの投資子会社「DG インキュベーション」、「サンエイトインベストメント」を割当先とする第三者割当増資の実施によるもの。



 クローズドβ版のサービスを 2012 年 3 月 21 日に開始。以後約7か月で、上場企業を含めた2000社以上に利用されている。

約7割が東京以外の案件、地域活性化を強くイメージ




 クラウドワークスは、当初から東京以外の地域で個人として仕事をしているフリーのエンジニアやデザイナーに注目。人口過多の都心で通勤することなく、個人の能力を活した就労形態を提供することをイメージしていた。



 しかしながら、これまで多々あったクラウドソーシングサービスは「安過ぎて生活できない」「受注までのコンペを悪用される」という声があり、依頼側が主役に安い労働力を使うという印象が強かった。その点、吉田社長はこう説明する。



 「さまざまな試みがありますが、クラウドワークスでは、まず時給制を提供することでそれらの問題を回避しています」。



 クラウドワークスが2012年7月に発表した利用調査によると、東京以外でも97%が時給1000円以上、約40%が時給3000円以上で受注が成立しているとのことで、継続的に案件を得られるようであればフリーランスでも生活できる可能性があり、信用が増せば20万~50万、それ以上の受注も視野に入れられる。



 案件の提供にも力を入れており、すでに募集総額は6.6 億円を突破。今回の増資により、サービス開発およびデザイン、マーケティング人員を拡充し、今後1年間で仕事の予算総額を50億円、会員を20万人までに成長させる考えだという。



 「手応えとしては、3.11以降働き方や家族との過ごし方などの見直しの機運が高まっていると感じており、働き方の多様性が社会において求められていると感じています。そういった意味では社会に新しい働き方のチャンスを増やすことができると考えています」(吉田社長)



  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
TECH WAVE

トピックスRSS

ランキング