「競合の登場もすべて折り込み済み」LINEキーマン 舛田淳 氏、世界7500万ユーザー達成【増田 @maskin】

TECH WAVE / 2012年11月16日 19時0分





DSC_0005




 NHN JAPANは2012年11月16日、スマホメッセンジャー「LINE」の登録ユーザー数が、世界の全てのプラットフォームを合わせて7500万人を突破したことを発表した。日本のユーザーは3496万0391人。



 しかしながら、この1~2ヶ月、DeNAが高品質通話をアピールした「comm(コム)」を投入したりカカオジャパンがヤフー!と提携したり 、古参のメッセンジャーアプリ「Whats App」が世界で急成長を遂げ日本でもランキング上位に入ってきた。中国内陸が中心のWeChatを含めれば、世界でLINEの競合が一斉に力を強めてきた状態だ。



 「LINEはどうなるか?」そんな疑問に、キーマンであるNHN Japan ウェブサービス本部 執行役員/CSMO 舛田淳氏は「想定済み」と応える。

年内1億ユーザー達成なるか?




 「私たちが、サービスを思いついた時点で、“他社も同じことを考えている” と思うようにしています。LINE自体は、3.11の発生がきっかけでスタートしたものですが、直後のタイミングでスタートが切れ先行することができたので、他者が予算をかけて参入してきた現在においても、非常に良い立ち位置にいると思います。



 逆に追い風になっていると感じるのは、LINEを意識してきた他社が増加することで、スマホメッセンジャーという大カテゴリーが世界中で定義されてきたことです。これまでは、スマホがあって、メッセンジャーがこうでと説明しなければならなかったが、世界中の企業が、その価値を理解して話を持ちかけてくれるようになっています」(舛田氏)。



 LINEは、スタート時からノンプロモーションで成長を遂げてきた。一時たった3回のテレビCMとキャンペーン(これは失敗)を実施するものの、基本はユーザーの力が成長を支えてきた。



 競合が力を付けてきていても「基本性能に手を抜くわけにはいかない」とアプリ本体はもちろん、音声通話チームも日々成長し、ユーザービリティの検証も徹底して行なっている。



R0022684

NHN JAPAN社内にあるUSER RESERACH ROOMのモニター室。ディスプレイのある壁の向こうにはLINEユーザーが操作する個室があり、スタッフはその利用状況を観察検証し即時製品向上に役立てている。




 しかし、競合は世界に広がり、国を越えて戦い続け、このまま目標の年内1億人を達成するには、当初から定義してきた「朝まで泣きながら無料で通話&チャット」というメッセージは修正しなくてはならないのではないだろうか?



 その問いに舛田氏は「メッセージはまったくぶれていない」と言う。



 「現在、LINE 公式アカウントやChannelを各国で展開するために、現地スタッフが働く事務所などが増えつつありますが、LINEの世界進出のために拠点を置くということは考えていません。あくまで日本で仮説検証してうまくいった現在のメッセージを変えずに、他国にも適用して展開していく考えです。

 ただ、このままでの延びでは1億は難しいかもしれません。そのためには、できることを次々に投入する必要があると思っています。この市場を使い捨ての焼畑にしてはいけない、“小さなインターネット”としてのエコシステムを維持しつつ、あらゆる手を一つ一つつくしていきたい」(舛田氏)。



line7500

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
TECH WAVE

トピックスRSS

ランキング