シリコンバレーよりエキサイティング!?インド スタートアップカンファレンス&ダブルスクリーン動向【西村 真里子】

TECH WAVE / 2012年11月26日 16時0分


[読了時間:5分]

 TechWaveインドツアーに参加してくれたバスキュールの西村真里子さんからのインドレポートです。西村さん、ありがとう。(湯川鶴章)




「21世紀はシリコンバレーてはなく、インドからパラダイムシフトが生まれるのではないか?」TechWave 湯川鶴章編集長が提唱し続ける"仮説"が、世界にチャレンジする日本人(=自分) への"回答"となるのではないか?



 その答えを探りたく2012年11月4日〜11日のTechWave主催のインドツアーに参加して来ました。結果としては� IT開発現場でのオフショア/インドの台頭、マーケティンク”費用のアロケーション変化などIBM / Adobe勤務時代に直面した米国企業のインドへの注力結果を現地企業訪問する事により現状の把握ができた� 世界的なモバイル普及がインド12億人に及ぼす影響をスタートアップ起業の祭典「NASSCOM Product Conclave 2012 (ナスコム・プロダクト・コンクリーブ)」でインド開発者/起業家達と一緒に考えることができた�所属するバスキュールが目指す「大量の人数がリアルタイムに参加する(マス×インタラクティブ)新エンターテイメント」の一例としてのダブルスクリーン・ムーブメントのインド最新動向を得られた、というような成果があり、いままでシリコンバレーを中心に世界動向を追っていた自分へ新たな視点が生まれました。まだ”回答”は 得られてないですし、今後も定点観測しないといけないのですが、回答を得るプロセスには入れたと感じています。 インドのポテンシャル、スタートアップカンファレンス状況、モバイル普及がもたらす未来につい てのヒントは「モバイルは30年に1度のビックチャンス 新興国に吹く追い風【湯川】 はじめ、TechWave湯川編集長の記事を追いたと思いますので、当記事ではバスキュールも注力しているダブルスクリーン体験へのインド最新動向に絞って紹介したいと思います。



※ 当記事では家庭内におけるテレビを中心としたモバイル/スマホ/タブレット 2デバイス以上でコンテンツ視聴、サービスを楽しむ体験を総称して「ダブルスクリーン体験」と定義します。



選挙のためにテレビを配る!大手テレコム Airtel は無料てデジタルTV STBを配る!ボリウッ ド好きな彼らは3Dテレビを待ち望んでいる?!



TECH WAVE

トピックスRSS

ランキング