電子メールを快適にしてくれるデスクトップアプリ「Inky」、Win&Macで提供開始 【増田 @maskin】

TECH WAVE / 2012年12月27日 10時0分





screenshot_446

 Twitter、Facebook、LINEと連絡手段が多様になっていても、電子メールがまったく使われなくなることはないようだ。



 とはいえ、いかんせん電子メールアプリは使いにくいし問題も多い。



 解約できないECサイトのメールやスパムの山に、仕事やプライベートの大切なメールが埋もれてしまうのは常。



 しかし、米Arcode社がリリースした電子メールアプリ「Inky」なら、そうした問題を、他よりうまく処理してくれるかもしれない。

大切なものをいい感じで整理してくれる世界




 「Inky」は、IMAPおよびPOPアカウントに対応したマルチアカウント対応の電子メールクライアントアプリだ。WindowsとMac OS Xに対応しており無料でダウンロードできる。



 特徴的な機能は「Relevant」。自分にとって関係性の高いものを判別して、“ しずく ” マークの濃淡で表現してくれるというもの。



 GMAILなどでも重要度として類似の機能があるが、「Inky」は人工知能などの分野で博士号を取得している経営者が開発しているせいか、とてもいい具合に仕訳が機能していると思うし、「Relevant」具合は、利用者がメールに対しして逐一10段階で指定できるため、使うにつれて快適になってくる。



screenshot_447
 「Inky」の魅力は、この「Relevant」を中心に思い切った電子メールアプリのリデザインをしていることにある。



 たとえば、受信箱の「Inky的な」標準モードでは、この4時間に受信したメールにフォーカスされ(この時間感覚はカスタマイズ可能)、「Relevant具合」のフィルターの利点を最大限に発揮できるような情報デザインになっていたりする。



 こういったメールの使い方に踏み込んだ情報デザインは、過去のメールのような “とにかく溜め込め” 的なものとは水を分ける使用感を与えてくれる。



 もちろん、必要機能は十分に提供されているので安心。「知人からのメールのみ表示」といったフィルターはもちろん、「ファイルサイズが1MB以上の長いもの」「未返答のもの」「添付ファイルがあるもの」といったものまである。それ以外にも機能的には普通のメールアプリより充実していて、かつスマートなデザインにまとめられている。



 さらに、もう一つの特徴的な機能「Smart Views」をオン(左のメニュー画像)にすると「ソーシャルメディアからのメール」「購読しているもの」「メモやToDO」「地図」「荷物追跡」などをうまい具合に整理してくれたりする。



 残念ながら荷物追跡などは日本国内に対応はしていないが、それぞれの「Smart Views」はON/OFFが可能だし、全ては使えずとも「Inky」らしさは、それまでの電子メールアプリで満足できなかった点をかなりの範囲穴埋めしてくれるのではないかと思う。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
TECH WAVE

トピックスRSS

ランキング