iPhoneアプリ「トリセツ」にて実践したリーンスタートアップ 【ジェネシックス冨田憲二 @tommygfx90】 @maskin

TECH WAVE / 2013年3月5日 18時30分




ジェネシックス 冨田憲二 氏登場です

編集チョのmaskinこと増田真樹です。

新生TechWave誕生に向け、少しずつ進化を続ける毎日です。本日は、VOYAGE GROUPの子会社 ジェネシックス取締役の冨田憲二さんです。以前、TechCrunchDisruptのレポートでご協力いただきました。 「踊る大捜査線 THE MOVIE3 」でTVダブルスクリーン試聴施策をいちはやく展開するなど多様な企画で注目を浴びています。

彼の市場を読み取る目、そしてそれを開発プロセスに落し込む手腕と判断力には定評があると思います。何より何もないところに価値を生み出す感性がすばらしい。ということで、新生TechWaveのメイン寄稿者として今後も活躍して頂きたいと思います。



さて、今回は、すでに「公開されているスライドを補足説明する」という、ちょっと特殊なスタイルでお届けします。先にスライドを確認してから読むのもよし、先に読んでからスライドを確認するのもよし、是非感想などをお寄せ頂けると幸いです。

iPhoneアプリ「トリセツ」にて実践したリーンスタートアップ 【ジェネシックス冨田憲二 】



screenshot_55
 ジェネシックスでは事業やサービスでの成功はもちろん、持続的に成果を出し続けれられる仕組み作りにも注力しています。そこで、昨年より本格的に取り入れているリーンスタートアップのプロセスの実践例を皆さまにご紹介できればと思います。理論の話は多くても、実践の実例は少ないと思うので、極力生の数字も交えながら解説していきます。 まず、始めにリーンスタートアップの理論に関して主に参考にしている3つの書籍を紹介します。これらの考え方をベースに実践したことについて説明したいと思います。



screenshot_56



リーンスタートアップ|エリック・リース

     ⇒ リーンスタートアップ理論のベースとなる一冊

ランニングリーン|アッシュ・マウリャ

     ⇒ 1.の実践版。リーンキャンバスはサービスデザイン定義書でも活用

プランB|ジョン・マリンズ他

     ⇒ プランAは必ず失敗する、というリーンマインドセットに役立つ1冊





 というわけで、それでは、本題に入る前に「トリセツ」について説明したいと思います。



screenshot_57



 「トリセツ for iPhone」はiPhone初心者のための疑問や悩みを解決する取扱い説明書的なアプリです。概要を箇条書きにすると以下の通りです。



・毎日3記事更新

・アプリダウンロード数:500,000ダウンロード

・マンスリーアクティブユーザー:170,000

・デイリーアクティブユーザー:80,000

・記事あたりのPV:10,000〜100,000

・紹介アプリのダウンロード実績:100〜10,000(紹介するアプリによりバラツキあり)



※基本的にはアプリからの閲覧がメインですが、「トリセツ for iPhone[Web版]」も公開しており検索経由のみで月間約150,000PV





リーンスタートアップって要は何なの?



まず、いきなり要点から入りますが「リーンスタートアップ」とは何なのか?。組織におけるリーンスタートアップの導入のポイントをこんな風に考えました。



screenshot_60
screenshot_61
screenshot_62

TECH WAVE

トピックスRSS

ランキング