週間 ひと雨ごとに冷えてくる あす北日本は冬日地点が急増

tenki.jp / 2020年10月15日 12時3分

メイン画像

この先は短い周期で天気が変化。雨が降るたびに気温が下がり、冷えてきます。東北や北海道では、あす(16日)は最低気温が0度未満となる冬日地点が急増しそう。

あす 北日本で冬日急増 天気は下り坂

画像A

あす(16日)は、本州付近は高気圧に覆われますが、すっきり晴れる所は少ないでしょう。太平洋側の地域ほど湿った空気が流れ込みやすく、天気は下り坂に。東北や北海道では、朝は冷え込んで氷点下になる所が多くなりそうです。きょう11:30までで、冬日になったのは14地点(富士山除く)でしたが、あすはさらに増えるでしょう。東北や北海道のアメダス地点の約1割で冬日が予想されていて、この秋、最も多くなりそうです。
九州から近畿、北陸は昼頃まで晴れる所が多いですが、次第に雲が増えてくるでしょう。夜は太平洋側を中心に、雨が降りだしそうです。東海や関東は雲が多く、夜遅くからは広く雨が降るでしょう。東北も天気が下り坂で、午後はだんだん雲が増えてきて、日本海側は所々で雨が降りそうです。北海道は大気の状態が不安定になるため、局地的に雨雲が発達するでしょう。日本海側では午後は雨や雷雨となりそうです。

土曜は冷たい雨 都心は師走並み

17日(土)は南の海上にのびる前線や低気圧の影響で、九州から東北の広い範囲で雨が降るでしょう。日中は気温が上がらず、肌寒く感じられそうです。前日との気温差が大きくなりますので、服装で調節をして下さい。東京都心は12月並みの気温になり、秋を通り越して冬のような寒さになるでしょう。
18日(日)は晴れる所が多いですが、来週も短い周期で天気が変わりそうです。雨が降るたびに気温が下がり、秋が深まるでしょう。北海道は紅葉が見ごろを迎えている所が多いですが、本州も山からふもとへと、少しずつ紅葉が進みそうです。

画像C

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング