東北の山装う 紅葉は続々と見ごろに

tenki.jp / 2020年10月19日 14時20分

メイン画像

東北の山は各地で紅葉の見ごろを迎えています。今週の紅葉狩り日和と週末の注意点をお伝えします。

山形 月山は中腹が見ごろ リフトは冬支度へ

東北の山々は各地で錦色に輝いています。上の写真は私がきのう(18日)撮影した月山(がっさん)の様子です。月山は山形県のほぼ中央に位置し、出羽三山のひとつとして古くから信仰の対象とされた山です。山の中腹にある月山ペアリフトの上駅付近まで紅葉が進み、空の青とひつじ雲、鮮やな木々の色彩が深まる秋を感じさせてくれました。こちらのリフトはきのうまでで今季の営業を終了し一足早い冬支度へ。山頂付近では先週降った雪で作られた月ウサギが出迎えてくれました。
今週末には青森県の奥入瀬渓流や宮城県の鳴子峡、福島県の裏磐梯などでも見ごろを迎える見込みです。そのほか各地の紅葉の色づきや見ごろの情報はtenki.jp紅葉見ごろ情報からご確認いただけます。

画像B

あすは紅葉狩り日和 週末は冷たい強風 山は雪も

画像C

あす(20日)は各地で秋晴れとなり、お休みの方にとっては絶好の紅葉狩り日和でしょう。あさって(21日)は次第に雲が増えますが、午前中ほど晴れる所が多くなりそうです。一方、22日~23日は広く雨が降り、この雨を境に上空の寒気が強まる見込みです。日本海側は24日(土)はしぐれて、晴れたり曇ったり雨が降ったりと変わりやすい天気に。晴れる太平洋側でも山沿いは天気の崩れる可能性があります。25日(日)は太平洋側は大体晴れて、日本海側も天気は回復する見込みです。ただ、土日とも気を付けたいのが風。各地で北西の季節風が強く吹く見込みです。特に今週末に山の紅葉を楽しむ場合は防寒・防風対策が必須ですし、標高1500m以上の山は降水があれば雪が降る可能性があります。装備はしっかりと準備しましょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング