北陸 あす30日(金)は大気の状態が不安定 週末は晴れ間が広がる

tenki.jp / 2020年10月29日 16時15分

メイン画像

あす30日(金)の北陸地方は、上空の気圧の谷や寒気の影響で大気の状態が不安定となり、雨や雷雨の所があるでしょう。31日(土)から1日(日)にかけては晴れ間が広がり、紅葉狩りなどお出かけに良さそうです。

あす30日(金)は大気の状態が不安定

画像A

あす30日(金)は、西高東低の気圧配置が続き、午後には上空に寒気を伴った気圧の谷が北陸地方を通過する見込みです。このため、雨が降ったり止んだりの変わりやすい天気となりそうです。朝晴れていても、傘をお持ちください。また、新潟県と富山県を中心に昼ごろから大気の状態が不安定となるため、雷を伴う所もあるでしょう。落雷や突風、急な強い雨などに注意が必要です。
寒気の影響で日中は気温が上がらず、最高気温は11月中旬並みの所が多いでしょう。平地では15度前後、山沿いでは10度前後となりそうです。暖かい服装でお過ごしください。

土日は晴れ間が広がる

画像B

31日(土)は、高気圧に覆われる見込みです。上空の寒気も次第に北上するでしょう。明け方までは雨の降る所がありますが、朝からは天気は回復して次第に晴れ間が広がり、日中はお出かけ日和となりそうです。最高気温は、ほぼ平年並みの所が多いでしょう。
11月1日(日)は、高気圧は日本の東へ離れ、日本海に気圧の谷が進んでくる見込みです。午前中は各地とも晴れますが、午後は次第に雲が広がるでしょう。日中の最高気温は20度前後まで上がり、暖かくなりそうです。
来週の前半は低気圧や寒気の影響で雨が降りやすい予想です。この時期は一雨ごとに寒気の南下で秋が深まり、標高の高い所では平野部より早く冬が訪れます。峠越えを計画されている方は、冬用タイヤへ早めに交換することをおすすめします。

紅葉の見ごろスポットは?

画像C

新潟市内では、木々が徐々に色づき始めている所もあります。29日(木)現在、北陸地方で紅葉が見ごろとなっているのは、新潟県十日町市の清津峡、新潟県妙高市のいもり池、富山県の立山方面などです。最新の情報はtenki.jpの「紅葉見ごろ情報」にありますので、確認してからお出かけください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング