ゴールデンウィーク後半は札幌で桜が見頃

tenki.jp / 2014年4月30日 22時48分

ゴールデンウィーク前半は東北北部で桜が見頃となりました。桜前線は平年より早いペースで北海道を進んでおり、ゴールデンウィーク後半は札幌や函館、室蘭などで桜が満開になるでしょう。桜前線の北上スピードを速めた季節はずれの陽気は、ゴールデンウィーク後半は落ち着くため、桜の花は長持ちしそうです。

ゴールデンウィーク前半に桜が満開となった青森県弘前公園(撮影:2014年4月29日)

ゴールデンウィーク前半に桜が満開となった青森県弘前公園(撮影:2014年4月29日)


ゴールデンウィーク後半、桜が見頃の所は?

北海道の札幌や函館、室蘭では桜が満開を迎え、旭川でも開花しそうです。すでに見頃を迎えている東北北部の桜の名所では、風に吹かれて桜のはなびらが舞う「花吹雪」や水面を花びらが埋め尽くす「花いかだ」など情緒ある風景を楽しめるでしょう。
この先5月中旬にかけて、気温は平年並みか高い日が多い予想で、北海道の桜は順調に咲き進みそうです。今年の桜前線は、稚内に5月14日頃、根室に5月16日頃に到着する見込みです。(ちなみに、記録的な長旅となった2013年の桜前線のゴールは稚内で5月26日でした)


桜の開花を早めた、北海道の記録的な高温

2014年の桜前線は、ゴールデンウィーク前半に平年より早く北海道に到達、29日には札幌で開花、帯広では満開になるなど、早いペースで北海道を進んでいます。北海道の4月下旬の気温は各地で平年より高く、特に平年より1週間も早く桜が開花した帯広では、記録的な高温が後押しをしたと考えられます。帯広の4月下旬の最高気温は、統計のある1892年以降で最も高くなりました(30日午後3時までの速報値)。


ゴールデンウィーク後半の天気

【北海道】
雲が広がりやすく、3日(土)と6日(火)を中心に雨の降る所も。4日はゴールデンウィーク後半で一番のお出かけ日和・お花見日和、ポカポカ陽気になりそうです。
【東北】
晴れる日が多いですが、5日(月)は雲が広がるでしょう。日本海側北部では3日(土)は一時的に雨が降る見込みです。
【関東甲信】
晴天が続き、お出かけ日和になるでしょう。3日(土)は汗ばむような陽気の所もある見込みです。
【東海・北陸】
晴れますが、5日(月)は雲が多いでしょう。昼間は何をするにも快適な陽気になりそうです。
【近畿~九州】
ゴールデンウィーク後半は晴天続き。昼間はカラッとした暑さの所が多い見込みです。
【沖縄】
3日(土)と4日(日)は晴れるでしょう。5日(月)と6日(火)は雲が多く、宮古島や石垣島、与那国島では雨が降る見込みです。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング