週間 日ごとの気温差大きい 土曜は雨から雪へ 火曜日頃も強い寒気

tenki.jp / 2021年1月15日 12時15分

メイン画像

この先は気温の変動が大きくなりそう。あす16日(土)は次第に寒気が流れ込み、日本海側では雨から雪に。来週19日(火)頃も再び強い寒気が流れ込み、全国的に厳しい寒さに。

あす 日本海側を中心に天気崩れる

画像A

あす16日(土)は、前線を伴った低気圧が発達しながら北海道付近を通過。全国的に風が強まり、日本海側は広く雨や雪が降るでしょう。低気圧に向かって暖かい空気が流れ込むため、北陸や東北は昼頃までは雨の降る所が多くなりそうです。積雪の多い地域では、なだれや屋根から落ちる雪などに注意して下さい。午後は次第に寒気が流れ込むため、雨から雪に変わるでしょう。北海道は太平洋側も含めて広い範囲で雪が降り、ふぶいて見通しの悪くなる所がありそうです。
九州から東北の太平洋側は晴れる所が多いですが、前線の影響を受けるでしょう。九州南部や四国などは朝にかけて、近畿から東北は昼頃から雨の降る所がありそうです。日中は気温がグンと上がり、季節先取りの暖かさの所もありますが、前線が通過した後は次第に冷たい空気に入れ替わります。昼間と夜では体感が変わりますので、大学入学共通テストを受ける受験生の皆さんは、服装選びにお気をつけ下さい。

火曜日頃は強い冬型 寒気も流入

17日(日)は冬型の気圧配置となり、北陸や東北、北海道の日本海側は雪が降るでしょう。太平洋側は広く晴れますが、土曜日より大幅に気温が下がりそうです。この先1週間のなかでも、特にこの土日の気温差は一番大きいでしょう。
18日(月)は再び北海道付近を低気圧が通過。19日(火)頃は冬型の気圧配置が強まり、日本海側は大雪のおそれがあります。寒気が流れ込むため、晴れても風が冷たく、九州から関東でも最高気温は5度くらいの日も。
一時的に暖かくなっても、まだ寒さが厳しい時期です。寒暖差で体調を崩さないようにして下さい。

×


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング