週間 寒さはあす9日まで その先は再び春の空気が流れ込む

tenki.jp / 2021年2月8日 11時42分

メイン画像

あす9日(火)も全国的に冷たい空気に覆われ、日本海側は雪。ふぶく所も。あさって10日(水)以降は次第に気温が上昇。

あす9日 冬の天気分布

あす9日も、冬型の気圧配置が続きます。
【天気】北海道と東北は日本海側を中心に雪が降るでしょう。午前を中心に風が強く吹き、ふぶいて見通しの悪い所がありそうです。北陸も雪で、局地的には雷を伴い強く降るでしょう。東海と関東甲信は、平地はおおむね晴れますが、山沿いは所々で雪。関東北部や長野北部の山沿いは朝にかけて積雪が急に増える所もありそうです。近畿と中国地方は、朝まで日本海側の所々で雪が降るでしょう。昼頃からは次第に晴れ間が広がります。四国と九州、沖縄は晴れるでしょう。
【気温】朝は今朝より下がる所が多く、関東以西も霜が降りたり氷が張ったりするほど。日中は、北海道と東北北部は広い範囲で氷点下のままで、東北南部と北陸は2度前後。関東から西も8度前後までしか上がらない所が多いでしょう。全国的に、北または西よりの冷たい風が吹いて、いっそう寒く感じられそうです。

あさって10日以降の天気・気温

【天気】10日と11日(建国記念の日)は、北海道や東北は日本海側を中心に雪で、北陸は雨や雪。降り方は落ち着いてきて、風も収まる見込みです。関東から九州は高気圧に覆われ、広く晴れるでしょう。一方、日本の南を低気圧が進むため、沖縄は雨で、降り方の強まることも。風も強まり、荒れた天気となるおそれもあります。
12日と13日は、ほぼ全国で晴れるでしょう。沖縄は断続的に雨ですが、降り方は少しずつ弱まりそうです。14日と15日は、気圧の谷に伴う雨雲が通過するでしょう。
【気温】日に日に上がってきそうです。特に、12日から14日は全国的に平年より高く、3月中旬から下旬並みとなるでしょう。気温の上昇で積もった雪が緩むため、山ではナダレにいっそうの注意が必要です。また、関東から九州では、花粉の飛ぶ量が増える所もありそうです。症状の出やすい方は、対策を心がけてください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング