週末にかけて真夏日増加 土日は35度にせまる暑さの所も

tenki.jp / 2014年5月27日 22時16分

28日(水)から週末にかけて、九州から北海道は広く晴れて、この時期にしてはかなり暑くなります。関東から西では連日真夏日の所があり、週末は近畿で35度にせまる暑さの所も。週末のお出かけは熱中症対策を万全にした方が良さそうです。

10日間予報(大阪・京都)

10日間予報(大阪・京都)


週末は全国の約3割で真夏日か 昨年より半月も早い

28日(水)以降は、九州から北海道にかけて晴れる所が多いでしょう。日差しを受けて気温も上昇、広い範囲でこの時期にしては暑くなります。暑さのピークは土日で、最高気温が30度以上の真夏日になる所は全国の約3割と今年最多になる見込みです。昨年、全国の3割近くで真夏日となったのは6月12日。今年は昨年より半月くらい早く、広い範囲で体にこたえる暑さとなりそうです。
特に暑さが厳しくなりそうなのが、近畿地方。6月1日(日)の大阪の予想最高気温は33度ですが、6月上旬までに33度以上となれば2002年以来12年ぶり。6月上旬としては近年経験したことのないような暑さになるかもしれません。
暑さのピークが土日になるため、レジャーの際は熱中症に要注意。体がまだ暑さに慣れていない時期ですから、激しい運動はなるべく控えて、こまめに水分や休憩をとるようにしましょう。


スーパークールビズの準備はお早めに!

そろそろ梅雨入りが気になる時期ですが、今年は季節の歩みが遅め。梅雨前線が本州付近までなかなか北上しないため、6月は九州から関東は晴れる日が多く、気温は平年並みか高くなりそうです。この時期、晴れれば30度前後まで気温が上がり、暑くなります。新緑の頃と違って湿度も高くなってくるため、蒸し暑く感じられる方もいらっしゃるかもしれません。食品の管理にも気をつけたいですね。
北海道も5月の終わりから6月の初めにかけては、この時期にしてはかなり暑くなるでしょう。北海道は28日頃から最高気温が30度にせまる暑さになる所があり、5月31日頃からの一週間は「広い範囲でかなりの高温」となる見込みで「異常天候早期警戒情報」が発表されています。農作物の管理にご注意下さい。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング