関東の雨 主役は梅雨前線!!

tenki.jp / 2014年6月10日 23時3分

関東では梅雨に入ってから、狭い範囲で激しい雨が降ったり、記録的な大雨になった所があるなど、しばらく不安定な雨の降り方が続きました。ただ、11日は広い範囲で降り続くような雨になりそうです。梅雨前線が北上して、これまでより梅雨らしい雨の降り方になるでしょう。

(7日午後7時)と(10日午後7時)の雲の比較

(7日午後7時)と(10日午後7時)の雲の比較


梅雨前線に伴う雲がハッキリと・・・

上の図は(6月7日)ときょう(10日)の本州付近の雲の様子を比べてみたものです。これをみますと3日前は本州の南海上には梅雨前線に伴う雲はみられず、関東付近は低気圧や南からの暖かく湿った空気、上空の寒気に伴う雲がまばらにかかっていました。一方、10日になると西日本の南海上から東へ次第に雲が広がってきています。これは沖縄から九州の南海上に延びる梅雨前線に伴う雲です。
11日は梅雨前線が北上して、関東にはさらにしっかりとした厚い雲が、広い範囲でかかる予想です。これまでのような、あちらこちらで降る狭い範囲での雨ではなく、12日の朝にかけては全域で降り続くような雨になるでしょう。


11日の関東は昼頃から雨 夜は本降りの雨に

11日の関東は朝から雲が多く、昼頃になるとシトシトと雨が降り出すでしょう。お出かけの時間に雨が降っていなくても傘をお持ちください。夜は湿った空気の流れ込みが強まりますので、広い範囲で本降りの雨になりそうです。しっかりとした大きめの傘、足元を濡らさないようレインブーツなどを用意されると良いでしょう。
また関東ではこれまでの大雨で、土の中に多くの水分を含んでいる場所があります。地盤が緩んでいる所がありますので、出来るだけ斜面には近づかないようにしてください。

11日の関東・甲信地方の天気

11日の関東・甲信地方の天気

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング