関東 帰宅時間帯は雨脚強まる 激しい雨も

tenki.jp / 2014年6月11日 15時15分

関東地方は、梅雨前線や低気圧の影響で今夜は広く雨脚が強まるでしょう。帰宅時間帯と雨のピークが重なりそうです。明日の朝にかけて局地的に傘が役に立たないような激しい雨も。

関東地方はこのあとは本降りの雨となるでしょう。
梅雨前線上の低気圧が近づく今夜は広く雨脚が強まる見込みです。
局地的にはバケツをひっくり返したような激しい雨が降るでしょう。
関東の雨のピークは今夜から明日の明け方までの所が多い見込みです。
ただ、千葉県や茨城県など沿岸部では明日の朝まで活発な雨雲のかかる所があるでしょう。
梅雨入り早々大雨に見舞われている関東地方ですが、6月1日から昨日までの10日間の雨量が広く200ミリを超え、一部では400ミリ以上に。10日間の雨量は平年の4倍以上となっており、東京など所々ですでに平年の6月ひと月分の雨量を超えています。
これまでの大雨によって、地盤の緩んでいる所があります。明日にかけての雨で土砂災害の危険性が高まる恐れも。危険な斜面には近づかないようにして下さい。
また、局地的には傘の役に立たないような雨の降り方となりますので、低い土地の浸水や河川の増水、道路の冠水にも注意が必要です。雨の強い時間帯が夜間で暗いため、浸水部分が分かりにくい場合がありますのでいっそうの注意を。
明日の日中はいったん雨のやむ所が多いですが、夜は北部を中心に再び雨が降るでしょう。


続く雨 晴れ間が戻るのは?

金曜日も大気の不安定な状態が続き、午後を中心に所々で雨や雷雨になるでしょう。まだ、雨の降り方に注意が必要な日が続きます。
関東地方に晴れ間が戻るのは土曜日以降。土日はようやく日差しがでそうです。一部でにわか雨の可能性はありますが、それほど広い範囲ではないでしょう。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング