九州で大雨 ピークは今日の夕方から

tenki.jp / 2014年6月21日 7時38分

九州南部に発達した雨雲。鹿児島県の枕崎で午前7時までの1時間に48.5ミリなど、激しく降っている所も。すでに、電車の遅れなど交通機関への影響も出始めているものの、ピークはこれから。九州南部は夕方から、九州北部は夜遅くから、局地的に1時間60ミリ以上の滝のような雨が降る恐れ。

◆九州南部に発達した雨雲◆

◆九州南部に発達した雨雲◆

午前7時現在、九州の広い範囲に雨雲がかかり、特に鹿児島県と宮崎県で雨脚が強まっています。
今日の明け方には、宮崎県の油津(あぶらつ)で1時間34ミリ、
宮崎県の串間(くしま)で1時間32.5ミリ、
また、朝には鹿児島県の枕崎(まくらざき)で1時間48.5ミリと、激しい雨を観測。
このあとも、九州では雨が続き、さらに降り方が強まる見込みです。
雨のピークは
・九州南部:今日の夕方から明日の昼頃まで
・九州北部(特に熊本県、長崎県、大分県):今日の夜遅くから明日の明け方まで
この時間帯には、
1時間60ミリから70ミリの非常に激しい雨の降る所もある見込み。
水しぶきであたり一面が白っぽくなり、道路があっという間に川のようになる程の雨です。
アンダーパスなど、低い所を走る道路が一気に冠水する危険性もあります。
車を運転される方は、十分な注意が必要です。
また、これまでの雨で、電車の遅れや高速道路の速度規制など、すでに交通機関への影響が出ており、
今後さらに影響が拡大することが考えられます。
気象情報に加え、交通情報にもお気をつけ下さい。
九州の雨は明日の午後には次第に止む見込みです。


◆北海道は久々の晴れ そのほかは梅雨空

九州のほか、今日は中国・四国から東海も次第に雨。
午前中晴れ間の出る関東や北陸、東北も、午後は所々でにわか雨や雷雨に。
一方、これまで2週間ほど曇りや雨の日が続いた北海道、
今日の日中は晴れ間が広がる見込み。
今日は「夏至」。
北海道では、日の長さを実感できそうです。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング