九州は大雨 22日午後にかけて警戒を

tenki.jp / 2014年6月21日 22時8分

梅雨前線が九州南部にかかっています。九州は20日の夜から南部を中心に広く雨となっており、発達した雨雲が次々と流れ込んでいます。この時間もレーダーには発達した雨雲の表示が見られます。このあとも梅雨前線の活動が活発で、22日の午後にかけて非常に激しい雨に厳重な警戒が必要です。

21日21時30分の雨雲の様子

21日21時30分の雨雲の様子

九州は南部を中心に雨が続いています。鹿児島県枕崎市では21日の朝に1時間56.5ミリの非常に激しい雨、宮崎県えびの高原では夕方に1時間33ミリの激しい雨を観測しました。鹿児島県の枕崎市と種子島の中種子町、指宿市では日降水量が200ミリを超える大雨になっています。鹿児島県では、この大雨による土砂流出によって鉄道に大きな影響のでている所もあります。


このあとも九州では傘が全く役に立たないような非常に激しい雨の降るおそれがあります。また、22日18時までの24時間に予想されている雨の降る量は、いずれも多い所で、九州南部で250ミリ、九州北部で150ミリです。22日の午後にかけて低い場所の浸水や土砂災害、川の増水などに厳重な警戒が必要です。tenki.jpで最新の気象情報をご確認ください。

22日9時の予想天気図

22日9時の予想天気図

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング