10日 沖縄に台風 九州から関東は急な雨

tenki.jp / 2018年7月10日 6時56分

メイン画像

非常に強い台風8号の接近で沖縄は大荒れ。九州から関東は日差しがあり、酷暑。午後はにわか雨の所も。東北や北海道は前線の影響で曇りや雨。

台風8号接近 沖縄は急激に荒れる 猛烈な風と雨

画像A

台風8号は『非常に強い勢力』。比較的はやいスピードで接近するため、沖縄では急に大荒れの天気となる恐れがあります。特に、影響が大きいのは先島諸島(宮古島地方・石垣島地方・与那国島地方)です。宮古島地方は午前中から、石垣島地方と与那国島地方も昼過ぎから暴風が吹き荒れ、風速45~50m/s(瞬間的には65~70m/s)の、外出が極めて危険なほどの猛烈な風が吹くでしょう。さらに、夕方以降は1時間に80~100ミリと、低い土地が一気に浸水したり、土砂崩れなどの災害に繋がる猛烈な雨が降る恐れがあります。

九州から北海道の天気

西日本と東日本は厳しい暑さ。きのうほどではありませんが、大気の状態はやや不安定で、にわか雨の所もあります。
九州は昼前まで各地で晴れ。午後は雲が増えて、北部でにわか雨の所があるでしょう。
中国と四国は大体は晴れて、雨はほとんどない見込みです。
近畿と東海も日差しがありますが、午後は山沿いを中心にザッと雨の降る所があるでしょう。
関東甲信と北陸も、午前中は晴れ間あり。こちらも昼過ぎからは山沿いを中心に雨雲が発達。カミナリを伴い激しく降る所もありそうです。
東北は、前線や湿った空気の影響で、北部は雨が降ったり止んだり。南部も所々で雨が降るでしょう。
北海道も前線の雲に覆われて、ときおり雨。カミナリを伴う所もありそうです。

最高気温 西日本は猛暑日の所も

沖縄や九州から関東にかけて広く30度を超えるでしょう。
那覇は31度、鹿児島は32度、福岡は34度、高知は32度、広島は33度、松江は32度、大阪は34度、名古屋は33度、金沢は32度、東京は33度の予想です。特に、九州から近畿の内陸は気温が上がり、35度以上の猛暑日の所もあるでしょう。
東北も、南からの蒸し暑い空気に覆われます。仙台は30度、秋田は29度の予想です。
北海道は、それほど上がらず、札幌は23度、釧路は17度と、平年並みかやや低いでしょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング