7月1日は富士山の山開き 天気は?

tenki.jp / 2014年6月30日 22時49分

1日は富士山の山梨県側の山開き。今年は冬の大雪の影響で、登山道の開通が心配されていましたが、現在は残雪の影響は少なく予定通りの開通となりそうです。いよいよ登山シーズンです!!

山梨県南アルプス市 櫛形山から見た富士山 (2014年6月29日)

山梨県南アルプス市 櫛形山から見た富士山 (2014年6月29日)


7月1日は富士山の山梨県側の山開き!!

今年は山梨県側では冬に大雪となったため春まで雪が多く残り、登山道の開通が心配されていました。しかし、富士吉田市の発表によりますと、6月27日の段階で残雪の影響は少ないとのこと。予定通り7月1日0時に山頂までの登山道の冬季閉鎖を解除するそうです。一方、静岡県側の山開きは、今年は7月10日の予定です。


登山を楽しむ前に山の天気をチェック!! tenki.jp夏山天気スタート

では、山開きの1日、2日の富士山の天気はどうでしょうか。
予報は以下のとおりです。
富士山の予報 6月30日発表(日本気象協会発表)
◎7月1日(月) 西の風 晴れのち曇りか霧 午後一時雨か雷雨
最高気温7度 最低気温-1度
◎7月2日(火) 北西の風 晴れ時々曇りか霧 午後一時雨
最高気温7度 最低気温1度
両日とも晴れ間がありますが、霧がでることもあり、
午後はにわか雨や雷雨の可能性がありますので、天気の急変にご注意ください。
そして、まだ朝は氷点下の冷え込みになることがありますので、
しっかりとした防寒対策が必要です。
tenki.jp でも7月1日から夏山天気予報をご覧いただけるようになります。
下記リンク↓『山の天気』ページの中に、
通年でご提供している、山麓の天気予報や山岳周辺の気温、風の数値計算結果に加え、
富士山や北アルプス、南アルプスなどの山岳について、夏山の詳しい天気予報が加わります。
是非ご利用ください。
今年の夏は、太平洋高気圧が平年同様に日本付近に張り出しそうです。
梅雨明け後は登山日和が期待できますが、北海道や東北地方は低気圧や前線の影響を受けやすく、
例年に比べると晴天が長続きしないことが予想されています。
中部山岳から西日本にかけても、いつも以上に雷が起こりやすくなる可能性がありますので、
登山の計画は天気を十分にチェックしてお出かけください。

tenki.jp

トピックスRSS

ランキング