沖縄地方に特別警報発表中

tenki.jp / 2014年7月7日 23時37分

沖縄県の宮古島地方に暴風特別警報と波浪特別警報が、また、本島地方に波浪特別警報が発表されています。特別警報とは、これまでにない危険が迫っていることを知らせる警報です。警報の基準をはるかに超える現象に対して発表されるもので、重大な災害の危険性が著しく高まっている場合に発表されます。数十年に一度しかないほどの非常な危険な状態にあり、ただちに命を守るための行動を取る必要があります。

22時現在の台風情報

22時現在の台風情報

7日23時の雲の様子

7日23時の雲の様子

下地(シモジ)では最大瞬間風速29.3メートルを観測。そのほか、宮古島で最大瞬間風速29メートル、石垣島で最大瞬間風速25.4メートルなど、夜になってますます風が強まってきています。

8日に予想される最大風速(最大瞬間風速)
本島中南部 50メートル (70メートル)
本島北部  45メートル (65メートル)
久米島   55メートル (75メートル)
大東島地方 20メートル (30メートル)
宮古島地方 55メートル (75メートル)
八重山地方 35メートル (50メートル)
風速30メートル以上の猛烈な風が吹くと電柱や街灯が倒れたり、ブロック塀が倒壊したり、走行中のトラックが横転することがあります。

8日に予想される波の高さ(いずれもうねりを伴う)
本島地方  14メートル
大東島地方 8メートル
宮古島地方 14メートル
八重山地方 10メートル
海上は広い範囲で猛烈なしけとなります。

8日は、台風8号が猛烈な勢力で沖縄地方にかなり接近する見込みです。
暴風や高波、高潮、大雨に最大限の警戒をしてください。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング