台風8号 九州や本州へ 記録的大雨も

tenki.jp / 2014年7月8日 15時41分

非常に強い台風8号はこの先、九州へ進み、本州を縦断の恐れ。暴風に加え大雨にも警戒が必要。九州や四国は明日から記録的な大雨の恐れ。関東も木曜日以降は警戒を。


台風8号の大雨 九州・四国は明日から 近畿~関東は木曜日から

大型で非常に強い台風8号は沖縄を暴風域に巻き込みながら北上中。大荒れの沖縄では避難勧告がだされたり、停電などの影響がでています。
台風8号は木曜日には強い勢力で九州へ進み、金曜日から土曜日にかけて本州を縦断する可能性が高くなっています。九州は明日(水)から風が非常に強く吹き、海上では大しけとなる見込みです。暴風や高波に警戒が必要です。
今回の台風は、暴風に加えて、大雨にも警戒が必要です。記録的な大雨となる恐れがでてきています。
特に警戒が必要なのが、九州南部や四国で、明日から木曜日にかけて多い所では総雨量が500~700ミリ以上の大雨となる恐れがあります。これはめったにない雨で、記録的な大雨となる可能性があります。土砂災害や河川の増水・氾濫、道路の冠水に警戒が必要です。
近畿や東海、関東も木曜日から金曜日にかけて雨が続き、数年に一度あるかないかといった大雨となる所があるでしょう。特に金曜日は台風本体の活発な雨雲がかかり、風も強まるため、荒れた天気となる恐れがあります。交通機関への影響にもご注意下さい。
台風の備えは早いうちになさって、大荒れの天気が予想される期間は不要・不急の外出はできるだけ避けるようにして下さい。今後も最新情報に注意が必要です。日直予報士でも随時最新情報をお伝えしていきます。

台風進路予想図

台風進路予想図

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング