新潟 佐渡で50年に一度の記録的大雨

tenki.jp / 2014年7月9日 14時9分

佐渡市では50年に一度の記録的な大雨となった所があります。新潟県、山形県、福島県には竜巻注意情報も。佐渡市や新潟市から会津周辺、山形県南部では、引き続き夕方にかけて土砂災害や河川の増水、はん濫、低い土地の浸水に警戒し、竜巻などの激しい突風に注意が必要です。

東日本の気象衛星13:30現在 [雨雲を重ねて表示]

東日本の気象衛星13:30現在 [雨雲を重ねて表示]

新潟県佐渡市では、50年に一度の記録的な大雨になった所があります。
佐渡市弾崎(はじきざき)では、正午までの3時間に110ミリの雨が降り、7月の観測史上最大の記録を更新しています。午後1時30分現在、活発な雨雲は佐渡市から離れていますが、地盤には多くの水が残っています。また、新潟市周辺に活発な雨雲が流れ込んでいます。
このあとも夕方にかけて新潟市から会津地方周辺、山形県南部では、雷を伴って局地的に非常に激しい雨が降るでしょう。
同じような地域に雨雲が次々と流れ込むため、狭い範囲で大雨になる恐れがあります。引き続き土砂災害や川の増水やはん濫、低い土地の浸水などに警戒が必要です。また、竜巻などの激しい突風にも注意してください。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング