1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

8月最終日 連日の猛暑おさまらず 熱中症に要警戒 厳しい残暑はいつまで

tenki.jp / 2021年8月31日 5時31分

メイン画像

8月最終日(31日)も東海から九州は猛烈な暑さが続くでしょう。熱中症に警戒が必要です。関東や東北も最高気温は30℃くらいでしょう。

猛烈な暑さおさまらず 連日の猛暑日も

画像A

8月最終日(31日)は高気圧に覆われて、東海から九州は広く晴れる見込みです。8月の最終日といっても、まだまだ強い日差しが照り付け、猛烈な暑さはおさまる気配はありません。最高気温は、東海から九州は平年並みか平年より高く、30℃以上の真夏日を予想している所が多いでしょう。静岡県浜松市、福岡県久留米市、大分県日田市、などでは35℃の予想で、連日の猛暑日になる所もありそうです。愛媛県、高知県、大分県、熊本県と鹿児島県には熱中症警戒アラートが発表されていますので、熱中症には引き続き警戒をしてください。

関東は暑さ落ち着く 北海道は秋の気配

画像B

一方、関東甲信は、関東沖に延びる前線の影響で雲が多く、日差しが少ないでしょう。きのう(30日)よりも暑さは落ち着いて、最高気温は30℃くらいの予想です。夕方からは次第に雨雲がかかり始め、夜は朝よりも涼しく感じられそうです。東北はおおむね晴れて、最高気温は30℃くらいでしょう。日差しが出て厳しい暑さになりそうです。北海道も晴れますが、最高気温はきのう(30日)よりグッと低くなり、25℃に届かない所が多いでしょう。一気に秋の気配を感じられそうです。

残暑はいつまで続く?

画像C

あすから9月のスタートですが、1日は西日本の連日の猛暑は落ち着き、最高気温は30℃くらいでしょう。関東などは雨が降ることもあり、最高気温は25度くらいまでしか上がらない見込みです。一気に涼しくなりそうです。きょう31日とあす1日では体感がガラッと変わる所が多いですので、体調管理や外出の際の服装選びにお気を付け下さい。2日以降も関東は厳しい暑さはなさそうです。ただ、東海から九州は30℃くらいまで上がり、残暑はまだしばらく続きそうです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング