1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

中国地方 週間天気 雨の降る日はいつ?朝晩はしのぎやすく秋の気配も日中は残暑続く

tenki.jp / 2021年9月6日 16時40分

メイン画像

朝晩はしのぎやすくなってきた中国地方ですが、日中はまだ暑く、最高気温は30度くらいで残暑が続いています。向こう一週間も、最高気温は30度近くと残暑が続く見込みです。また、晴れの天気は長続きせず、雲が広がりやすいでしょう。
8日(水)は広く雨が降り、11日(土)は山陽で雨の降る所がありそうです。

8日(水)は広く雨が降る

画像A

予想天気図を見ると、高気圧にすっぽりと覆われる日はなく、前線や湿った空気の影響を受けやすいことが分かります。
8日(水)は前線が通過する影響で、中国地方全般に雨が降りやすい見込みです。また、11日(土)は西日本の南岸付近に延びる前線の影響で、山陽を中心に雨の降る所があるでしょう。
一方、晴れ間が期待できるのが、9日(木)と10日(金)です。
その後13日ごろにかけて、晴れの天気は長続きしない見込みです。厚手の洗濯物を干す際は、晴れの日を見逃さないようご注意ください。

朝晩は秋の気配も8日(水)朝は最低気温25度に 日中は残暑続く

画像B

朝の最低気温を見ると、20度を少し超えるくらいの日が多く、朝晩はしのぎやすいでしょう。
ただ、8日(水)は沿岸部で25度以上の熱帯夜となりそうです。湿度が高く、寝苦しくなるため、7日夜から8日朝にかけて、就寝中も熱中症対策が必要です。
日中の最高気温は30度近い日が多く、晴れ間が出ると30度前後になり、残暑が続く見込みです。
日中はまだまだ熱中症対策が必要となるでしょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング