1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

あす8日から9日 低気圧や前線が通過 雨の範囲が広がる 激しい雨や雷雨の所も

tenki.jp / 2021年9月7日 16時28分

メイン画像

あす8日から9日にかけて、低気圧や前線の通過に伴い雨雲や雷雲が発達。道路が冠水するほどの激しい雨の降る所も。沿岸部を中心に風も強まる。

低気圧や前線が日本付近を通過 南から湿った空気

画像A

あす8日(水)は、前線を伴った低気圧が日本海を北東へ進むでしょう。低気圧に向かうように、南から雨雲の元となる湿った空気が流れ込みます。
9日(木)は、この低気圧が次第に北海道付近へ。また、別の低気圧が本州の南岸へ進むでしょう。
なお、日本のはるか南には2つの台風13号と14号。このうち東側にある14号は、11日(土)頃になると沖縄の南へ進む見込みです。

広い範囲で大気の状態が不安定に 雨雲や雷雲が発達

8日は、九州は午前を中心に雨で、中国と四国は日中いっぱい雨が断続。近畿や東海、北陸は昼頃から広く雨となるでしょう。大気の状態が不安定で、雷雨になるおそれもあります。四国をはじめ、西日本の太平洋側は雨雲が発達しやすく、道路が冠水するほどの激しい雨の降る所もあるでしょう。関東甲信は夕方から所々で雨が降り、東北は昼頃から次第に雨に。北海道は、午後は南西部や北部で雨雲の湧く所があるでしょう。
9日は、九州や中国、四国は天気が回復へ。一方、近畿や東海、北陸、関東甲信、東北にかけては午前中ほど広く雨。特に東海で雨脚が強まり、局地的には激しく降るでしょう。北海道は太平洋側ほど雨の時間が長く、本降りになる所もありそうです。
また、8日から9日にかけて、沿岸部を中心に風がやや強く、横なぐりの雨になる所があるでしょう。レインコートやレインシューズなどが役に立ちそうです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング