都心で激しい雨 午後9時頃まで注意

tenki.jp / 2014年7月24日 19時27分

午後6時30分現在、群馬県館林市周辺から埼玉県ときがわ町、埼玉県川越市付近から東京都調布市付近にかけて活発な雨雲・雷雲がかかっています。午後9時頃までは局地的な激しい雨や雷雨に注意が必要です。

関東地方の雨雲の様子(7月24日18時30分)

関東地方の雨雲の様子(7月24日18時30分)

きょうの関東地方は厳しい暑さで、都心でも最高気温が今年一番となる34.6℃まで上がりました。
ただ、日中の気温上昇が大気の状態を不安定にしています。
湿った空気が流れ込んでいるため、真夏の強い日射で地上付近が暖められ、強い上昇気流が発生。
関東南部は夕方以降、所々で積乱雲が発達しています。
埼玉県秩父市浦山では、午後4時までの1時間に19.5ミリとザーザー降りの雨に。
午後6時30分現在、雨雲や雷雲は時速10キロから20キロの自転車並みの速さで、東へ進んでいます。
大気の状態が非常に不安定で、
都心でも午後9時くらいまでは雷を伴って1時間に50ミリの非常に激しい雨の降る恐れがあります。
これくらいの雨が降ると、道路から流れ込んだ雨水が地下室に流れ込んだりします。
1時間に20ミリの土砂降りでも側溝があふれたりします。
低い土地の浸水や川の急な増水・氾濫に警戒が必要です。
また車を運転されている方はワイパーが役にたたないくらいです。
あと数時間は激しく降る雨や、雷雨に注意してください。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング