北は大雨 午後は関東も激しい雨に警戒

tenki.jp / 2014年7月26日 22時53分

27日(日)は低気圧や前線が日本列島を通過。北海道は非常に激しい雨が降り大雨の恐れ。東北から九州も大気の状態は不安定。午後は関東でも突然激しい雨が降ることも。お出かけは天気の急変に注意。

27日(日)予想天気図

27日(日)予想天気図


北海道は大雨に警戒 東北から九州の日本海側も雨や雷雨

上の予想天気図をご覧ください。27日(日)は台風10号から変わった温帯低気圧が北海道を通過します。また、低気圧から延びる寒冷前線が本州を南下するでしょう。
【北海道】
北海道は一日雨で、日本海側北部とオホーツク海側北部を中心に昼前にかけて、雷を伴った非常に激しい雨が降り、大雨の恐れがあります。多い所では1時間に60ミリの傘がまったく役に立たないくらいの非常に激しい雨が予想されます。また、落雷や竜巻、ひょうなどの激しい現象がおきることもあるでしょう。雨や風が強まってきたら早めに頑丈な建物内に避難するようにしてください。あす夕方にかけて多い所では150ミリ前後の総雨量となる見込みです。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水にも警戒が必要です。
【東北から九州の日本海側】
本州を南下する前線の影響で、東北から九州の日本海側も雲に覆われ、昼過ぎにかけて雨や雷雨の所が多くなる見込みです。大気の状態が非常に不安定になりますので、突然の強い雨や突風、落雷に注意してください。


晴れ間がでる太平洋側も天気が急変 関東でも午後は激しい雨の恐れ

【晴れ間がでる太平洋側】
27日(日)は太平洋側では晴れ間があるでしょう。午前中を中心に強い日差しが照りつけて、厳しい暑さの所が多くなります。ただ、午後は気温の上昇に加えて、前線が南下してくるため、大気の状態が非常に不安定になります。突然空が暗くなり、天気の急変する所があるでしょう。特に関東では雨雲が発達しやすく、突然激しい雨や雷雨になる恐れがあります。今週木曜日のように道路が冠水するほどの大雨になることもありますので、お出かけは空模様の変化に十分に注意してください。
雨の後は、北から乾いた空気が流れ込みます。寝苦しい夜はいったん和らぐ見込みです。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング