東京都に竜巻注意情報

tenki.jp / 2014年7月27日 13時35分

関東甲信は猛烈な暑さで、山梨県大月市や群馬県館林市で気温が38度を超えました。この暑さと前線の通過で、大気の状態が非常に不安定に。東京都にも竜巻注意情報です。


猛暑で 予想よりも早く 雨雲発達中

関東甲信地方は、7月最後の日曜は、猛烈な暑さとなっています。
アメダスの気温をみてみますと、
35度以上の表示が目立ちます。
13時までの最高気温は、
山梨県大月市 38度8分
群馬県館林市 38度ちょうど など、
体温を超える暑さとなりました。
水戸市では、35度9分と、今年初めて「猛暑日」になりました。
都心でも、34度5分まで、上がっています。
この暑さで、午前中の予想よりも早く、雨雲が発達しています。

レーダーを見ますと、13時過ぎには、関東北部を中心に、雨雲が発達しているのがわかります。
この後は、東京都心など、関東南部でも
局地的に滝のような雨が降ったり、竜巻などの突風が吹く恐れがあります。
13時半現在、東京都や埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県に「竜巻注意情報」が発表されています。
「竜巻注意情報」が発表されている地域では、
竜巻などの激しい突風が発生しやすい気象状況になっています。
空模様の急な変化に注意が必要です。
急にヒンヤリした風が吹いたり、空が暗くなったら、
落雷や竜巻をもたらす積乱雲が近づいているサインです。
頑丈な建物内に移動するなど、安全な所へ避難してください。
落雷、ひょう、急な強い雨にも十分な注意が必要です。

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング