1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

26日 北陸や東海、近畿を中心に雨雲発達 激しい雨も 沖縄には台風からのうねり

tenki.jp / 2021年9月26日 7時54分

メイン画像

きょう26日(日)は、曇りや雨の所が多くなる。特に、北陸や東海、近畿は大気の状態が不安定で、局地的に雷を伴った激しい雨に。また、沖縄には台風16号からのうねりが届き、波が次第に高まる。

今朝 北陸や東海、近畿の一部に活発な雨雲

画像A

きょう26日(日)、北日本は引き続き高気圧に覆われるでしょう。東日本から西日本、沖縄にかけては、高気圧の縁をまわる湿った空気の影響を受けます。今朝は、北陸や東海、近畿の南部を中心とした地域で雨や雷雨となっており、激しい雨を降らせるような活発な雨雲のかかっている所もあります。
【各地の天気】
北海道はおおむね晴れて、東北は北部ほど晴れる時間が長いでしょう。
関東甲信は一日雲が多く、所々で雨。山沿いでは雷雨になる可能性もあります。
北陸や東海、近畿はこれから夕方にかけても雨雲や雷雲の発達しやすい状況が続くでしょう。局地的には、道路が冠水するほどの激しい雨が降ります。
中国と四国、九州、沖縄は変わりやすい天気。日差しはありますが、所々で雨雲が湧いてくるでしょう。
なお、台風16号は、まだ日本から離れた所(午前6時現在、フィリピンの東)にありますが、この台風からのうねりが沖縄に届くでしょう。風は比較的穏やかでも、思わぬ高波が押し寄せる危険性があります。

最高気温 西で残暑続く

最高気温は、北海道や東北は、きのうと同じかやや高く、20℃~23℃くらいの所が多い予想。秋らしく快適な陽気でしょう。
関東甲信や北陸、東海は22℃前後、近畿は25℃前後の予想。日差しがほとんどなく、きのうほど上がらないでしょう。雨が強まると、体感温度がさらに下がりますので、調節のしやすい服装が良さそうです。
晴れ間のある中国と四国、九州、沖縄は、きのうと同じくらいで30℃以上の所が多いでしょう。きょうも、こまめに水分を摂るなど暑さ対策を心がけてください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング