流星群のシーズン 流れ星見えるかな

tenki.jp / 2014年7月28日 16時13分

7月下旬から8月下旬はたくさんの流星群の活動が重なって、一年のうちでも多くの流れ星が見られるシーズン。29日はみずがめ座デルタ南流星群、30日はやぎ座アルファ流星群がピークに。


流れ星シーズン到来

7月下旬から8月下旬はいろいろな流星群の活動が重なります。26日の「みずがめ座デルタ北流星群」からスタートし、29日には「みずがめ座デルタ南流星群」、30日には「やぎ座アルファ流星群」がピークを迎えます。
この頃は月明かりもなく、条件は良くなっています。
さらに8月には13日ごろに三大流星群の一つ「ペルセウス座流星群」、18日には「はくちょう座カッパ流星群」もあります。
夏休みの思い出作りに星空を眺めてみるのも良いかもしれません。
多くの流れ星を見るためには、できるだけ見晴らしが良い場所で、月や街灯から離れた方向を眺めるようにしましょう。流れ星は放射点からあちらこちらに飛ぶので、広く見渡してみると良さそうです。


天気は? 今週の前半ほど星空観察に適

今日は北陸や東北も梅雨明けし、各地で夏本番に。
今週は前半ほど晴れる所が多い見込みです。
◆北海道や東北
木曜日にかけて晴れる所が多い見込みです。
金曜日は雲に覆われて、星空観察にはあいにくの天気に。
前半ほど良さそうです。
◆関東、北陸、東海
水曜日にかけては大体晴れる見込みで、にわか雨も一部に限られる見込みです。
多少雲のかかる時間もありますが、空一面、雨雲が覆う所はほとんどないでしょう。
比較的乾いた空気に包まれますので、都市部でも夜間はしのぎやすくなりそうです。
木曜日以降は雲が多く、所々で雨に。
◆近畿~九州
明日までは広く晴れて、星空観察に良さそうです。
水曜日以降は湿った空気が入りやすくなり、太平洋側ほど曇り空に。
木曜日から金曜日はあちらこちらで雨が降る見込みです。
◆沖縄
晴天は明日までとなりそうです。夜間も気温は高めで経過しますので、水分をこまめに補給しましょう。
水曜日から土曜日は曇りや雨の天気が続いて、星空を見るには不向きとなりそうです。
最新の予報は下記リンクの「星空指数」も参考になさって下さい。

星空指数

星空指数

tenki.jp

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング