1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

7日(木)の天気  九州~近畿はこの時期としては厳しい残暑 北海道付近は秋の空気

tenki.jp / 2021年10月7日 5時28分

メイン画像

7日(木)は、九州から近畿は日差しが届き、最高気温は30℃くらいの所が多い予想です。一方、東海から北海道は雲が広がる地域が多く、東北北部と北海道の最高気温は、平年並みでしょう。

7日(木)の天気

画像A

7日(木)は、西日本付近は高気圧に覆われるでしょう。東日本付近には、東の海上から湿った空気が流れ込む見込みです。北日本付近では、夜は、気圧の谷が近づくでしょう。南西諸島は、湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定になる見込みです。
沖縄は、雨が降ったりやんだりで、雷が鳴る所があるでしょう。九州、中国地方、四国は、大体晴れる見込みです。近畿は、日差しが届く所が多いでしょう。ただ、にわか雨の所がありそうです。東海は、晴れ間がありますが、朝と夕方以降を中心に雨が降る所があり、三重県では、昼過ぎにかけて、雨雲がかかる見込みです。北陸は、晴れたり曇ったりでしょう。関東は、雲に覆われて、朝晩は雨が降る所がある見込みです。東北は、雲が多く、北部の早い所では昼過ぎから、夜は北部を中心に雨が降るでしょう。北海道は、日の差す所もありますが、雲が広がりやすいでしょう。夜は、道南を中心に雨が降る見込みです。

7日(木)の予想最高気温 九州~近畿30℃くらいに 熱中症対策を

7日(木)は、西日本付近を覆う高気圧は、上空5500メートル付近までに達する、背の高い高気圧です。背の高い高気圧に覆われると、地上付近では、空気が圧縮され、日差しも加わり、高温になります。九州から近畿の最高気温は、30℃前後の所が多いでしょう。昼間は、こまめに水分補給を心がけるなど、熱中症対策が必要です。
東日本付近に北東から流れ込む空気は、比較的海面水温の低い所から流れ込む涼しい空気です。最高気温は、東海は26℃前後で、きのう6日(水)より3℃くらい低くなる所が多いでしょう。関東は24℃前後で、きのうより5℃くらい低い所が多い見込みです。北陸は北東からの涼しい空気が届かず、場所によっては、東よりの風が、山を越えて吹き降りるフェーン現象で、高温になるでしょう。26℃くらいの所が多く、福井県では、30℃近くまで上がる予想です。
東北付近には潜在的な前線があり、この北側は秋の空気です。最高気温は、東北南部は22℃くらいの所が多いですが、内陸や日本海側では、25℃近くまで上がる所がある見込みです。前線の北側にあたる東北北部は20℃くらい、北海道は16℃くらいで、この時期らしい気温でしょう。
沖縄の最高気温は、30℃くらいの見込みです。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング