台風と前線!!大雨警戒 今週の天気

tenki.jp / 2014年8月3日 23時0分

今週は台風12号に続き台風11号、北日本は前線の影響を大きく受けるでしょう。雨の降りやすい日が多く、西日本や北日本を中心に大雨の恐れも。台風や前線の動きから目が離せない一週間になるでしょう。

週間予報(8月4日~10日)

週間予報(8月4日~10日)


台風12号 高知県では3日間で1000ミリを超える雨

黄海をゆっくりと北上する動きの遅い台風12号。
気圧配置に大きな変化がないため、同じような場所に雨雲がかかり続け、
高知県や徳島県では各地で記録的な大雨となっています。
特に高知県仁淀川町鳥形山では、この3日間で1000ミリを超える雨が降りました。
高知県や徳島県では今後24時間で、多い所では更に400ミリ前後の雨が予想されます。
引き続き、土砂災害などから身を守るための最大級の警戒が必要です。


今週はさらに台風11号、北は前線の影響も!!

台風12号は4日(月)午後には台風から熱帯低気圧に変わる予想ですが、
今週は次第に南から近づく台風11号、北日本に停滞する前線の影響も受ける見込みです。
上の週間予報をご覧ください。
4日(月)には北海道付近に前線があらわれ、週の前半は北海道で雨を降らせるでしょう。
短時間にザッと強い雨が降ることもありますので注意が必要です。
この北の前線はしばらく北海道から東北付近に停滞し、活動が活発になることも。
東北も日本海側を中心に雨が降り、まとまった雨になることもあるでしょう。
北海道や東北は前線の影響で、雨が降りやすくなる見込みです。
一方、沖縄や九州から関東にかけては、台風11号や湿った空気の影響を受けるでしょう。
台風11号は、今週後半に南西諸島付近を北上し、西日本に接近する可能性があります。
沖縄では7日(木)頃から広く雨が降りだし、九州から近畿も雨が続く見込みです。
沖縄や九州近海では、うねりを伴った高波にも注意が必要です。
また、東海から関東も非常に湿った空気の影響で大気の状態は不安定になります。
日差しがあっても、あちらこちらで雨や雷雨がおこりやすくなりますので、
天気の急な変化に注意してください。
今週は南から近づく台風11号の動きと、北日本に停滞する前線の動向を
しっかりとチェックして、お住まいの地域で大雨の可能性が高い場合は
早め早めの対策をなさってください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング