1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

中国地方 週末は曇りや雨で気温は急降下 あす(15日)にかけて貴重な洗濯日和に

tenki.jp / 2021年10月14日 11時8分

メイン画像

きょう(14日)の中国地方は天気が回復し、からっとした陽気になっています。
これからあす(15日)にかけては洗濯日和が続きますが、秋晴れは長続きしないでしょう。
土曜日の午後に降る雨をきっかけにして、日曜日は11月並みの肌寒さになる見込みです。

あすも洗濯日和 一日の寒暖差に注意

画像A

北日本から日本海には前線が延びていますが、中国地方で前線の影響が出てくるのは、あすの夜になる見込みです。日中は各地で青空が広がり、穏やかな秋晴れになるでしょう。日差しはたっぷりで、洗濯や布団干しにはうってつけの天気が続く見込みです。
最低気温は、けさより1℃から5℃も低く、中国山地沿いでは10℃を下回るところもある見込みです。
一方で、日中は9月並みの暑さとなり、内陸部では朝と日中との気温差が20℃近くになるところもあるでしょう。服装でうまく調節するようにしましょう。

土曜日 午後から山陰を中心に傘の出番 買い物は午前中がおすすめ

画像B

土曜日は山陰から北陸の沿岸に延びる前線が、中国地方をゆっくりと南下する見込みです。
午前中は山陽を中心に晴れ間の出る時間もありますが、午後は山陰の広い範囲で雨が降るでしょう。山陽でも次第に雲が厚くなり、雨の降るところがある見込みです。
買い物など、短時間のお出かけは、午前中にすませておくと良さそうです。

日曜日 今シーズン一番の寒気が流れ込む 衣替えのタイミングに

画像C

前線は日本の南の海上へと南下し、大陸から今シーズン一番の寒気を持った高気圧が張り出す見込みです。
中国地方の上空にも11月並みの寒気が流れ込むため、山陰は灰色の雲に覆われ、東部を中心に冷たい雨が降るでしょう。山陽は午後から晴れ間も出ますが、雲が広がりやすい見込みです。
最高気温は20℃前後のところが多く、日中でも長袖や羽織物が必要になるでしょう。夜は沿岸部でも冷えるため、体調の管理にご注意ください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング