1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

20日(水)の最高気温 冷たい北風 体感的には実際の数字より低く

tenki.jp / 2021年10月20日 6時31分

メイン画像

20日(水)の最高気温は、きのう19日(火)より高くなる所もありますが、風が冷たいでしょう。体感温度は、1メートルの風ごとに1℃下がるともいわれています。

20日(水) 各地の最高気温

20日(水)は、日本付近は次第に西高東低の冬型の気圧配置になるでしょう。広く冷たい北風が吹く見込みです。北海道や東北、北陸は雨や雷雨でしょう。近畿から九州の日本海側も雲が多く、雨が降る所がある見込みです。関東や東海、近畿から九州の太平洋側は日差しが届くでしょう。
最高気温は、北海道は日本海側は10℃くらいで、日中の気温が朝より低くなる所もある見込みです。太平洋側やオホーツク海側は13℃くらいの所が多いでしょう。東北や北陸は16℃前後でしょう。
関東は21℃前後で、きのう19日(火)より5℃くらい高くなる所が多い予想です。
東海から九州北部は20℃くらいの所が多い見込みです。九州南部は23℃前後でしょう。
沖縄は27℃くらいの予想です。

冷たい北風 体感温度はどのくらいになる?

体感温度は、1メートルの風ごとに1℃下がるともいわれています。
日中は、広く5メートルから6メートルくらいの北よりの風が予想されています。北海道の道南や東北では10メートルくらいの風が吹く所もあるでしょう。全国的に、実際の気温より5℃以上も低く感じられそうです。
例えば、関東では日差しがたっぷり届き、最高気温が20℃を超えるといっても、体感的には15℃くらい、ということになります。日中の外出も、風を通しにくい、暖かい服装がよいでしょう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング