ハリケーンが台風13号に

tenki.jp / 2014年8月7日 18時14分

ミッドウェー諸島近海を進んできたハリケーンが、東経180度を超えたことで、台風第13号になりました。名前はアメリカ気象局がつけた「ジェヌヴィーヴ」のままです。

台風情報

台風情報


アメリカ生まれの台風13号

ミッドウェー諸島近海を西よりに進んできたハリケーンが、東経180度を超えたことで、
7日15時に、台風第13号になりました。
ハリケーンと台風は、現象は同じものですが、
発生した地域などで、区分けされています。
同じ北太平洋で発生しても、東経180度を境に、
アメリカ大陸側では「ハリケーン」ですが、日本側では「台風」と呼ばれます。
「ハリケーン」として発生しても、
東経180度を超えて、西へ進んでくると、今回のように「台風」と呼び方が変わるのです。


名前は アメリカで命名されたまま

今回は、ハリケーンが台風に変わりましたが、
台風として発生した場合、
台風委員会(日本ほか14カ国等が加盟)の加盟国などが提案した名前が
あらかじめ140個用意されていて、そこから発生順に名前が付けられます。
ただ、これはハリケーンとして誕生したので、
名前は、アメリカ気象局がつけた「ジェヌヴィーヴ」のままです。
これにより、台風委員会が次に用意していた名前は、先送りになりました。
ちなみに、アメリカ気象局では、ハリケーンが発生すると、
あらかじめ、作成した名前の一覧表から順番に選んで、割り当てています。
用意されている名前は、実は、男性や女性の名前なのです。


非常に強い勢力だが まだ遠い

台風13号は、7日15時現在、「非常に強い」勢力で
太平洋上の日本からかなり離れた所を、進んでいます。
上記の地図でも、10日15時の予報円が、やっと見えてくるくらいです。
当面は、台風13号よりも、
日本に近づいている台風11号の動きに注意が必要です。

tenki.jp

トピックスRSS

ランキング