1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 社会
  4. 社会

26日(火)の天気 関東は昼前まで局地的な激しい雨や雷雨 暴風や高波に警戒

tenki.jp / 2021年10月26日 5時28分

メイン画像

きょう26日(火)は、関東は昼前まで局地的な激しい雨や雷雨に注意。沿岸部では、暴風や高波に警戒を。午後は晴れて、肌寒さの解消する所が多くなりそう。

関東は昼前まで激しい雨や落雷

画像A

きょう26日(火)は、日本の南にある低気圧が発達しながら日本の東へ進む見込みです。関東では昼前にかけて、局地的に雷を伴った激しい雨が降るでしょう。通勤・通学の時間帯に強い雨の降る所がありますので、足元に気をつけてお出かけください。沿岸部では、暴風やうねりを伴う高波に警戒が必要です。
九州から東海にかけては、高気圧に覆われるため、各地で青空が広がる見込みです。関東も午後は天気が回復し、広い範囲で晴れるでしょう。
東北は、昼過ぎまで雨が降りますが、夜は晴れる所がありそうです。
北海道は、次第に気圧の谷の影響を受ける見込みです。午後は雲が広がりやすく、太平洋側を中心に所々で雨が降るでしょう。お出かけの際は、雨具があると安心です。

九州から関東甲信 昼間の肌寒さは和らぐ

画像B

最高気温は、九州から関東甲信にかけて、きのう25日(月)より高い所が多いでしょう。福岡は23℃、大阪と名古屋は22℃、東京都心は20℃の予想です。この時期らしい気温で、昼間の肌寒さはいくぶん和らぐ見込みです。日差しのもとでは過ごしやすいでしょう。
北海道もきのう25日(月)より高い所が多いですが、東北は風が冷たく感じられそうです。
首元など暖かくしてお過ごしください。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング